人気のカフェバイト、こんな人におすすめ!

飲食のバイトの中でも特に人気なのが「カフェ」のバイト。学生さんなど若年層を中心に人気が出ています。今回は秘密に迫ってみます。

もしアルバイトで「カフェのバイトをちょっとやってみたいな…」と思っている人は参考にしてみてください。

 

バリスタとは?

カフェバイトの求人を見ていると必ずと言っていいほど出てくるのが「バリスタ」。
まずこのバリスタについて。
日本では「コーヒーを作る人」と捉えられがちですが、本来の意味ではもうちょっと深い意味があります。

カフェ文化の浅い日本ではバリスタを、「コーヒーの専門家」のようなイメージで捉えがちですが、そもそもバリスタとはイタリア語で「バールの人」という意味。イタリアのバールは昼夜で別の顔を持っており、日中はカフェをメインとし、夜はアルコールをメインに出すのが一般的です。そのため、バリスタはコーヒー以外にカクテルやワインのことなど、全ての事に精通して初めて一人前として認められるのです。
バリスタって何? | Italian Issimo | 日常に香るイタリアのエッセンス[イタリアン イッシモ]

リンク先のページを見ると、きっちりとした正装をしスマートにコーヒーを差し出しているバリスタさんの写真があります。
これが真の「バリスタ」の姿です。

カフェバイトではもう少し緩い意味で「バリスタ」と使われますが最終的にはこういったスマートなサービスを提供できるようになると魅力的ですね。

 

どんな人がやっているのか

コーヒーを作る業務が中心になるのでやはり「コーヒーが好きな人」であったり「バリスタに憧れて」だったりという人が多いです。
また「高校生は不可」としているところも多く、ある程度洗練されていなくてはいけないのも特徴。

バリスタがお客様の好みに合わせてコーヒーを提供するものなので、他の飲食バイトに比べて身だしなみや清潔感などを重視されることが多めです。
実際にカフェに行くと「オシャレ!」と思えるような店員だったり、自然な笑顔が素敵な店員さんが高い割合でいますよね。
お店の教育がしっかりしているというのもあるのだと思いますが、これはバリスタの職業特性もあるのかもしれません。

 

カフェバイトの特徴

お店によって方向性が変わってきますが、一番の特徴としては「バリスタ」としてプロの接客を目指しているということ。
当然、意識が高い人が多くなります。

カフェの代表的な会社ではバリスタとしての実力を競い合うコンテストを実施しているところも。

・スターバックス

年に一度、全国のブラックエプロンが集い頂点を競い合う“アンバサダーカップ”が行われ、優勝するとシアトルでの研修に参加できます。その後1年間、ブラックエプロンの代表として、全国のパートナーのコーヒーの専門性を高める活動に携わります。
スターバックスのアルバイトって?|スターバックス コーヒー ジャパン

・タリーズ

タリーズコーヒーのバリスタとして、高いバリスタスキルと良いサービス、そして、品質の高いエスプレッソをいつもお客さまにご提供できるように、「バリスタコンテスト」を毎年開催しております。
会社情報 | バリスタコンテスト | TULLY’S COFFEE

全社を上げてバリスタのレベルアップに取り組んでいるので本気でやりたい人はこういったところを目指すとよさそうですね。


コメント投稿は締め切りました。