30代の転職。「35歳転職限界説」がある中、どう取り組んでいくのか?

「35歳転職限界説」というのがあるように、30代に入ってくると、転職活動も20代とは異なってきます。
転職市場での見られ方が変わってくることもさることながら、プライベートでもマイホームや結婚、子供のことなど将来のことを考えなくてはいけなくなってきますよね。
ここから転職をしようという人はそう軽々と決めにくいものです。

今回は30代の転職についてまとめてみます。

 

未経験がだいぶ厳しくなってくる

まず30代に入って、かなり制限がかかってくるのが「未経験」の採用。
基本的に30代に求められるものはそれまでに培ってきた社会的な経験や、どんな仕事をしてきたかなので「初めてですが頑張ります!」といった勢いでは難しくなってきます。
もちろん絶対に無理というわけではないのですが、少なくとも今までの職歴などと説得力のある結び付けが出来ないと厳しいことは間違いないでしょう。

 

必ず相談をすべき年代

20代であれば自ら転職サイトを覗いてあれこれ興味のある職種にエントリしてみたりという自由さがあります。
ただ、30代になると職場としては一生働くようなところになることが多いので慎重に選ぶ必要があります。
そんな中でただ闇雲に求人を探すというのはあまり得策ではありません。必ずプロの転職エージェントに相談しましょう。
そしてその際に

・自分が今思い描いている将来設計(仕事とプライベート)
・自分がどのような仕事をしたいのか(仕事内容、勤務の仕方、チャレンジしたいこと…など)

この2点はじっくり納得がいくまで話し合いましょう。
またエージェントに相談してもお金が取られるわけではないので、転職はまだもう少し先に考えている、という人でもこういった相談は早めに実施しておくとあとの転職活動が非常に楽になることが多いです。

 

「アピールできる能力がない」という場合に

30代までなんとなく来てしまって「私はアピールするところがない…」と思っている方もいるかもしれません。特に真面目で謙虚な方にその傾向が多いような気がします。
そういった控え目な性格の人は人間的にとても好感が持てていいなと思うのですが、転職活動ではそうも言っていられません。

また、実際に謙遜しているわけではなく本当に何もないと思っている方もいるかもしれません。
他の人から見るとそんな風に思っている人にもたくさんの長所があります。自分でそれが見えないだけなんですね。
自分のアピールポイントを探すのに一番手っ取り早い方法は身近な人に聞くということですが、それはちょっと恥ずかしいということであれば、一度自分が今まで仕事でしてきたことを棚卸ししてみましょう。
上手くいったこと、上手くいかなかったこと、ともかく全て洗い出します。
そしてそれを元にエージェントの人と徹底的に話し合います。

※いきなり持っていくのではなく「自分の長所が分からない」というところをハッキリと伝え、棚卸しの添削をしてほしい旨を伝えておきましょう。
そうしていくことで外の世界に通用する自分の長所というのを明確に打ち出すことができます。
30代の転職活動はいかに自分を売り込むことができるのかがポイントになってきます。頑張りましょう!
 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。