30代女性の転職は難しい? 覚えておきたい必勝方法。

一般的に「35歳転職限界説」という定説が崩れ、最近では35歳以上でも転職は可能」というのはよく言われており、実際に私の周辺でも35歳以上で転職している人は多い印象です。

そんな中、女性の転職に関して言うと「30代で転職するのは厳しい」という風に言われることがあります。
なぜ30代女性の転職は難しいのか。また30代の女性が転職する際の必勝方法などをまとめてみます。

 

30代女性の転職が難しいわけ

転職が難しいとされる理由については大きく分けて2つあります。

一つ目は「30代になると相応のスキルや具体的な経験などが求められてくる」ということ。
年齢が上がれば上がるほど管理職経験や、同業界での経験、即戦力としてのスキルが求められる傾向にあります。会社としては30代は「これから会社を引っ張っていってくれる即戦力」「20代の若手の手本となる人材」として考えます。
30代の未経験採用が大分難しくなってくるのはそのためでもあります。
求められるものが大きくなり、転職の難易度も上がるのです。
これは女性に限ったことではなく、男性も同様です。

二つ目は「結婚・出産で離職してしまうのではないか」という会社側の懸念です。
女性は結婚や出産などの人生のイベントを機に仕事を離れてしまうことがあります。
会社は採用したのに退職されてしまうのが一番の機会損失なので、男性と比べると相対的に退職の機会が多くなってしまう女性を敬遠しがちです。
特に30代であれば結婚や出産などが重なることも多いため、会社としても「退職してしまうのではないか」というのは大きな懸念事項となります。
また面接で結婚や出産、プライベートでお付き合いをしている人がいるのかどうかなどは会社から直接聞くことができないので、会社としても現在どんな状況なのかを探ることができず判断もしにくいのです。

以上二点、特に二つ目の「退職してしまうのではないか」という点については会社は表立って発言することはないもののよく懸念されることです。

 

30代女性が転職する際の必勝方法

さて、30代女性に転職市場は厳しいというのは現実問題としてあるものの、絶対に転職できないというわけではありません。むしろ転職している30代女性はたくさんいます。
30代女性の方が転職をする際に失敗しない方法・必勝方法についてまとめるので転職を検討する際に頭の中に入れておいてください。

会社を辞めないで転職活動をする

前述の通り、30代になると採用側も即戦力を求めてきて、採用枠が狭き門となっていることは間違いありません。
そんな中で今勤めている会社を退職してから転職活動をするというのはかなり無謀な作戦です。
一番悲惨なのは「退職してから転職活動をしてみたものの一向に転職先が決まらずにブランク(職の空白期間)だけが空いていく」というものです。ブランクが広がれば広がるほど転職活動では不利になってしまうという悪循環になってしまうので、在籍中の転職活動を必ずするようにします。

自分の将来を考える

転職活動に具体的に入る前に自分の将来・キャリアプランを明確にしておきましょう。
具体的には次のようなものです。

  • どのような職場で働きたいのか(労働環境や年収、残業など)
  • 結婚や出産はどのように考えているのか
  • 結婚・出産をしても働き続けたいのか

最初の「どのような職場で働きたいのか」については女性に限ったことではありませんね。
次の「結婚・出産」については「実際に今後結婚や出産をする予定はあるのか」「結婚・出産後にも働き続けたいのか」についてはあらかじめ検討しておきましょう。
会社選びの時に育児休暇制度や時短制度を取っているところなども条件に入ってくるためです。

情報収集を多方向からしておく

おそらくこれから転職活動をするにしても転職の難易度は高いため、実際に職が決まるまではそれなりに時間を要すると思います。
そして決まった会社が実はブラック企業だった…などとなってしまうと目も当てられません。
そこで一つの情報源に偏らせるのではなくいくつかの方法を使って職を探します。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 口コミサイト

(私のおすすめは後ほど触れますが、基本的にはどこのサイトを使っても無料です)

まず求人サイト。
こちらについては求人情報を探すために使います。(これは普通ですね^^;)
空いている時間に自分の求めている条件と合ったところを探します。

次に転職エージェント。
転職エージェントの賢い使い方として「自分の求めている条件を明確に伝え、その条件に合った求人があったら連絡をください」と伝えておくと条件に合った求人を探し出してきてくれます。
先程の「出産後にも働きたい」というような人は「育休制度があるところ」「産後復帰している女性が活躍しているところ」などを条件として指定してみましょう。

最後に口コミサイトです。
私は転職活動中に「キャリコネ」使っていましたが、キャリコネの口コミの中に「出産・育児・介護などが発生した際に、今までと同じように働くことができると思いますか?」という質問項目があり、そこに現役社員(または元社員)の口コミが掲載されています。実際に求人票で出ている情報との乖離がないかをここで確認します。

これらの情報を駆使して自分の希望に合った職場に出会い、公私共に充実させた生活にしましょう!

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。