退職してからの転職活動。メリットとデメリットは?

転職活動は時間とパワーを使うものなので、転職を考えている人の中には「退職をしてから転職活動をする」という人もいるでしょう。
でもその前に退職してからの転職活動のメリットやデメリットについて知っておくことはとても重要。

今回は退職後の転職活動の実際のところにフォーカスしてみましょう。

 

退職後に転職活動をするメリットとデメリット

一番最初にメリットとデメリットについて。

(メリット)

  • 時間に余裕ができる
  • 自分の将来についてゆっくり考えることが出来る
  • のんびりすることができる

 
(デメリット)

  • 金銭的に余裕がなくなる
  • 職が決まらない時の焦りが大きい
  • ブランクが出来ると不利になる

退職してから活動することの一番のメリットとしては「時間的な余裕ができる」といったところに尽きるでしょう。
ともかく仕事が忙しすぎてどうにもならないという人は転職活動がしやすいです。
その一方で「金銭的に余裕がなくなる」「転職先が決まらない時の心の焦りが大きい」というのが最大のデメリットです。

特に一人暮らしの人の場合はお金の減り方が尋常ではありません。失業保険の手続きは早めにしておきましょう。

また退職前には比較的楽観的に「そのうち決まるだろう」と考える人が多いのですが、その反面決まらない時の心の焦りも大きいのがデメリット。
焦りに焦って自分の中で転職先に対してのハードルを下げた結果、ブラック企業に入ってしまった…なんてこともよくある話です。

 

在職中と退職後。面接官に印象が良いのはどっち?

次に面接官がどういった印象を持つのかについて。
面接官視点から言うとどちらの印象が良くてどちらの印象が悪いといったことはありません。

ただし、先程のデメリットで記載した通り「ブランク(退職してからの無職期間)が長い場合」については不利になることが多いです。
ほぼ確実に面接官の人に聞かれることになるのが「退職してから今までの間、何をしていましたか」といったもの。
そこで曖昧な回答になってしまうと印象が悪く、「フラフラしていたのかな」とか「前職を勢いで辞めてしまったのかな」といった印象を受け、面接官は「もしかしたらうちの会社に入社しても突然辞めるなんてことがあるのではないか?」と考えてしまいます。
面接官が一番避けたいのは「採用した人材がすぐに退職してしまう」というところなので要注意です。

転職時、履歴書の職歴空白期間をどのように理由づけするのがいい?」でもまとめていますが、長期の空白期間ができてしまった場合には転職エージェントの方と相談をしてみて印象の悪くない伝え方を考えましょう。

このように一長一短はあるものの、私個人としては「在職しながらの転職活動」をおすすめしています。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。