転職に年齢制限はあるのか? 実際のところは何歳まで?

ある程度年齢を取ってくると転職したくとも転職できないのではないか、なんて不安になりますよね。

「35歳転職限界説」というのも巷ではよく言われていることなので特にその前後の年齢の方は気になるはず。
そこで実際に現在の転職市場ではどのような感じになっているのかを調べてみました。

 

「年齢制限」で求人してはいけない

以外に知られていなさそうなので先に書いておくと、求人は「年齢制限」を掛けて募集してはいけない決まりになっています。

これは厚労省のサイトにハッキリと明記されています。

雇用対策法が改正され、平成19年10月から、事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。
募集・採用における年齢制限禁止について |厚生労働省

上記の通り、実は求人票に「30歳まで」のような記載をすることはNGです。
案外まかり通って、そういう求人を目撃するのは不思議な感じですが…

どうしても受けたい!という会社がある場合はこういう前提で年齢関係なく応募するなり問い合わせるなりしてみても良さそうです。
あまりこれを理由に受けたい企業に突っかかっていく人もいないと思いますが、聞き方はあくまで丁重にしましょう。

 

転職活動で成功している年齢層は上がりつつある

次に実際に転職活動で成功している年齢層を取ったデータがあるので見てみましょう。
転職会社「DODA」の2013年のデータで、こちらによると転職成功の年代は以下のような比率になっています。

age
(参照:“35歳転職限界説”崩壊!?転職成功者の年齢を調査! |転職ならDODA(デューダ)「グラフ2:転職成功者の年齢割合」2013年1〜3月より抜粋)

転職成功人口の内、30歳以上が半数にも及んでいることが分かります。
また注目すべきなのは35歳以上の転職も全体の23%とかなり多いということ。

「35歳転職限界説」が徐々に現実感のないものになっていることがわかります。
ちなみに現職ですが38歳で転職をスマートに行ってしまった人もいました。

 

手放しに若手と均等に機会があるわけではない

転職市場の年齢制限が今やなくなってきていると言えますが、もちろん現実は若手と均等なチャンスがあるわけではありません。
例えばまったくの同じ能力であれば採用側として若手の方を採用する傾向が強いです。
理由はいくつかありますが「若手のほうが今後伸びる可能性がある」「年上は扱いにくい」など表立って出されない心情的な部分が多いです。

年齢層が高い場合は若手とは違った能力(マネジメント能力やプロジェクトのリーダー経験)など経験値が圧倒的に高いものが重要視されます。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。