転職の「迷い」を「決断」に変えるたった2つのステップ

「転職したいな…でも本当に転職してもいいのだろうか?」
「誘いを受けていて返事をすれば決まる状況で今の環境よりやりがいはありそうなんだけどどうしても迷ってしまう」

こんな悩みを持って、二の足を踏んでいる人は案外多いのではないでしょうか。
今回はそんな「迷い」を「決断」に変える2つのステップを紹介します。

迷っている方はぜひとも実践してみてください。

 

1.迷っている部分を書き出す

最初に取り組みたいこととして、自分が今何に迷っているのかを書き出してみることです。
ノート、またはスケッチブックをコンビニで買ってきて、思いつくがままに書いてみましょう。
日記形式で言葉を発していくのもいいですし、マインドマップのような形で単語と単語を紐付けていっても構いません。
(PCやケータイでもいいのですが、気が散ることが非常に多いのでノートのほうが好ましいです)

まとまった時間を取って「もうこれ以上書くことがない」というところまで書いたところでその日は終了。
一旦そのノートを閉じて、翌日以降に読み返します。

読み返した際に自分が一番心配しているところ(現状の給与だったり、環境だったり…)に赤字で丸を付けていって、それが転職によって解決するのかしないのかを書き出します。
「解決すること」が多い場合には転職を検討してみてもいいかもしれません。
また、「解決すること」の数そのものが少なくても、自分にとってその物事の重みが大きい場合ーー転職するとそれが解決できる場合ーーも転職を検討してもいいでしょう。

書き出してみた結果「まだ転職しなくてもいいな」と思ったらまだ転職する時期ではないでしょう。

ちなみに「わざわざ書き出さなくても…」と思う方も多いかもしれませんが、実際に頭のなかで考えていることを言語化するというのは重要なプロセスです。頭の中でいっぺんに思考できることは限られているのでメモを取ることで全体を俯瞰して見直すことができます。

 

2.相談する

次に自分が悩んでいることがはっきりしたら誰かに相談してみましょう。
もし内定が決まっているということであれば率直に企業の人事の方に聞いてみるのがいいでしょう。
企業の方が答えづらいこともあるかもしれませんが、自分がこれから長く働くことになるかもしれないところなのでそこは躊躇しないようにします。

面接がこれから、という場合は面接の際に「今の自分がこれから就職するところにこんな希望を抱いている」とか「こんな心配をしている」ということを伝えてしまって問題ありません。
聞き方はあくまで丁寧にする必要がありますが、入社してから「聞いておけばよかった」となってしまうと双方にとって悲しい状況になってしまうので率直に聞きましょう。

まだどんなところに転職したいかも決めていない、という場合には転職のコンサルタントさんに「自分が懸念していること」「次の職場に臨むこと」を聞いてみるのがいいでしょう。
思っている以上に自分の希望を言語化して転職活動に臨む人は少ないので、よりマッチした求人を探してきてくれますし、仮に完全に条件がマッチしなくともその旨を伝えてくれます。(もっとも完全に条件がマッチすることなどは普通、転職活動では少ないのですが…)

自分で迷っていても答えの出ないことは往々にしてありますので、まずはきちんと自分の悩みを言語化することです。
そうすることで自分の中で踏み出せないでいる原因がハッキリと分かり、先に一歩進みやすくなります。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。