不景気だけど転職できるのかな…と不安に思っている人へ

景気が良くない、でも転職はしたいという時に真っ先に考えるのが「そもそもこんな不景気の時に求人募集している会社ってあるのかな?」という疑問。
考えだすと不安になってしまいなかなか行動できなくなってしまいます。

ただ、不景気でも転職自体は可能です。

不景気時の転職リスクを最小限に減らすための転職活動の方法を紹介しますので不安な方は一度読んでみてください。

 

不景気の時の転職市場の動き

不景気の時の転職市場は一般的には次のような動きになります。

job
(図はイメージです。分かりやすく考えるために数値をそのまま逆転していますがここまで綺麗にはなりません)

求人:不景気なので採用をしている場合ではなく求人が減る。
転職者:不景気なので給与が上がらないなど先行きが不安になり転職者が増える

グラフを見ると求人に対して転職者が多いので「職が決まりにくくなる」のは大前提です。

一方で好景気の場合は企業側が「人を採用する」余力があるので積極的に採用するものの、「今の会社に安定して勤めたい」という人もいるため転職者が少なめになります。

 

求人はあるのか?

「不景気だと求人は少ないのではないか?」と考えられがちですが、もちろん募集しているところもあります。
募集を増やしているところには三種類あります。

  1. 年中人が足りていないところ(飲食業とか…)
  2. 世の中的には不景気だが、そんな中でも業績が伸びている会社
  3. 景気に関係なく普通に募集している会社

失敗してはいけないのは「年中人が足りていないところ」に踏み込んでしまうこと。入社のハードルは低めですが入社後の仕事が地獄になります…。
「業績が伸びている会社」「普通に募集している会社」を探して狙っていくことが転職活動を成功させる秘訣になります。
企業口コミサイトや転職エージェントを利用して求人票以外の第三者の情報を集めます。

 

不況の時の転職活動で最大のリスクを避ける

不況の時に「転職したい」と思う人で多いのは「この会社にいても給料が上がらなそうだし、さっさと辞めて転職しよう」という人です。
ここでやってしまいがちなのが現在の会社を退職してしまうこと。

転職が決まる前に退職することのリスクに関しては「転職が決まる前に辞めることにはこんなリスクが…。辞める前に知っておきたいこと。」でまとめていますが、スムーズに決まらなかった時の心の焦りがとても大きくなります。それだけは絶対に避けましょう。

逆に言うと現職で働き続けたまま転職活動をするとリスクはほとんど(全く?)ありません。
もし現職が忙しくて転職活動をする暇すらないということであればこちらでも活動方法をまとめていますので参考にしてみてください。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。