【年代別】仕事が見つからない時の対処法

募集しても募集してもなかなか仕事が決まらない。
現在の景気はいい状態とはいえず、応募すればすぐに受かるようなものではありません。
頭では理解していても実際に仕事が見つからない期間が長くなってくると、貯金もハイペースで減っていきますし、焦り度合いが半端な状態ではなくなります。

そのような仕事が見つからない状態の時、どうすればいいのかを年代別にまとめました。

 

お金がない・仕事が決まらないの焦りを解消するには

仕事が見つからない時の焦りは、なかなか就職先が決まらないというだけではなく、生活面、主に資金面での焦りが大きくなってきます。
特に一人暮らしをしていて、収入がない場合のお金の減り方は大きく、生活が厳しい〜でも仕事も見つからない…という悪循環になってしまいます。

このような悪いループを断ち切るには短期のアルバイトなどで生活資金の足しを作っていくのがベストです。
就職活動に集中したいから…と思う人もいるかもしれませんが、短期的にでも仕事に就くことにはいくつかのメリットがあります。

  1. 生活資金が多少なりともプラスになる
  2. 職場で人と接することができる
  3. ブランクをカバーすることが出来る

まず最初の金銭面については言うまでもないですね。全く収入がない状態よりは遥かに気持ちが楽になります。

次に「職場で人と接することができる」という点。
意外と認識されていないのですが、一人で就職活動をして上手くいかず…となると自分が思っている以上に心が閉ざされている状態になります。

「私はこれから先なにをやってもうまくいかないのではないか」「私は無能なのではないか」

決してそんなことはなくてもうまくいかない時は多くの人がそう考えてしまいがちです。
短期的な仕事に就いて、職場の人と会話をする、交流をすることでストレスが大きく発散されます。会社勤めをしている時にはなかなか気付かないものですが、人との会話はストレスを緩和しています。
ストレスが減っていくうちに頭がリフレッシュされますし、なによりも短期的な仕事が次の自分自身の仕事につながるかもしれません。

そして最後に「ブランクをカバーすることが出来る」ということ。
就職・転職活動において職の空白期間(ブランク)は大きなデメリットになります。
そこで短期間でもアルバイトなどを行うことによって、職歴に記載したり、面接の際に「次の職が決まるまでアルバイトをしていました」と言うこともでき、勤労意欲を見せることが可能です。
これは完全に何もやっていなかったという状態よりも遥かに良い状況です。

もしも生活面で少しでもまずいなと思ったら短期で働くことも検討してみましょう。
※その他の注意点などは別途まとめているのでそちらも参照ください。
転職活動中に次の仕事が見つかるまでつなぎのバイトをする際の注意点

 

年代別・おすすめ就職(転職)活動攻略方法

仕事が見つからない時の解決方法は年代によっても大きく異なってきます。
ここでは20〜50代の年代別就職(転職)活動の攻略方法をまとめました。

20代

20代で言うとまだまだ就職できる幅が広いです。
社会人経験があるのであれば「第二新卒」という見方もされますし、やる気次第で未経験の業界に挑むことも可能です。
もしなかなか仕事が見つからないということであれば面接や履歴書のアピール方法が良くないという可能性もあります。
転職エージェントを使って模擬面接や履歴書のチェックなどをしてもらうといいでしょう。

参考:おすすめ転職エージェントとクチコミ情報サイト

30代

20代と比べて未経験業界にはトライしにくくなります。
また即戦力採用という視点で見られるので、今までやってきた仕事の能力を十分にアピールする力が必要になります。
30代の方の中には「自分はそこまで華やかな業績もないので…」という方もいるかもしれませんが、そういう方に限って自分が気付いていないアピールポイントも多いものです。
転職エージェントを使ってアピールの方法を学んでみるのがいいでしょう。

参考:30代の転職。「35歳転職限界説」がある中、どう取り組んでいくのか?

40代

40代になると徐々に求人の門戸が狭くなってきます。
基本的には30代よりも求められるものが多くなり、即戦力+管理面(マネジメント)を求められることが多いです。
就職・転職のハードルもかなり高くなるので転職サイト・転職エージェントなどあらゆる使えるものを使った就職活動をしていくことをおすすめします。

参考:40代の転職は何故厳しいのか。その理由と転職活動のポイント。

50代

50代は正社員登用が難しくなります。
また転職エージェントもこの年代になると使いづらいというのが正直なところなので、リクナビのような求人サイトやハローワークを活用して条件に合うところを探しましょう。
ただし、それでも厳しいことは間違いないのでアルバイトや派遣などに視野を広げてみるのも手です。

参考:50代に入って仕事を辞めたい・転職したいと思った時の注意点

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。