転職イベントはどんなことをするのか。参加価値はある?

これから転職する人向けに関東・関西・東海・九州などの各主要都市で開催される「転職イベント」。
「転職するには情報収集が重要」と考えている人はこういったイベントが気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回は「転職イベント」とはどんなものなのか、実際に参加することでどういったメリットがあるのかなどを確認してみましょう。

 

転職イベントとは?

転職イベントとは人材紹介会社(転職エージェントなど)が企画し、地域の大会場を借りきって企業の人事担当者などを集めて開催するイベントです。
各地域の主要都市、東京・大阪・福岡などで開催されることが多め。

転職希望者が参加し、企業の人と直接話して気になる点を確認したり、会社の説明を受けたりします。
会場によっては企業による「これから求められる人材」のようなセミナーや、人材紹介会社による転職相談などを行っていることもあります。

 

転職イベントに参加するメリット

転職イベントに参加するメリットは以下の通りです。

  • 無料のことが多い
  • 色々な企業の人に会うことができる
  • 人事の人と直接話せる
  • 面接より堅苦しくない

これから転職を始めるという人で「どんな企業に行きたいかまだ漠然としたイメージしかない」という人は転職イベントに参加してみるとイメージ作りに役立ちます。
全然興味がなかった会社でも実際に喋ってみたら「ちょっといい会社かもしれない」と感じたりすることもあったり、その逆も然りで「行きたいと思っていたけど実際にイベントのブースに行ってみたら想像よりも良くなかった」なんてこともあります。

ほとんどの場合は参加費無料で行っていることが多いので、気になっている方は軽い気持ちで覗くだけ覗いてみてもいいでしょう。

服装は特に制限されていませんが、企業の人事担当者の方が来るので、将来的に入社したい・面接を受けてみたいという会社があった場合、やはり私服よりもスーツの方が好ましいです。会場内もスーツの人の方が多い傾向にあります。

イベントの概要に「即決で採用が決まることも」という触れ込みを見かけますが、そういった事例はそこまで多くありません。
通常、現場の人間や、人事、上位職の人を通して面接をし、採用を決めることがほとんどなのでイベント会場で即決ということが少ないのも想像に難くないでしょう。

 

相談をするのであればじっくりと

会場では開催している人材紹介会社の簡単な相談コーナーや添削サービスもあるのですがあくまで簡易的なもの。あくまで転職エージェントや人材サービスがどんなものかを知る程度だと思ってください。

会場は人がたくさんいるので何よりも騒々しいですし、周囲に人がいる中で自分の転職について相談に乗ってもらうのはとても落ち着きません。

転職イベントはあくまで各企業の情報収集という立ち位置で。
人材紹介への相談は別途登録をして静かなオフィスなどでじっくりと時間を気にせず腰を据えて行うのがおすすめです。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。