第二新卒の転職を成功させるためのポイント

最近は新卒入社で入った会社を3年未満で辞め、転職をするという人が増えてきています。
そういった方は分類的には「第二新卒」となり、おそらく転職活動も初めてという方が多いでしょう。

そこで第二新卒の方向けに転職を成功させるためのポイントをまとめました。

 

そもそも第二新卒の定義は何?

この文章を読んでいる方の中には「そもそも私は第二新卒に含まれているのだろうか…」と心配している人もいるかもしれません。
最初に「第二新卒」の定義を確認してみます。

第二新卒(だいにしんそつ)とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。
第二新卒 – Wikipedia

「新卒入社した後に3年未満で転職する人」というのが一番わかりやすいでしょう。
ただ、あくまで目安程度なので「3年半働いていた」からと言って第二新卒に含まれないかというとそういうわけでもなく、そのあたりは曖昧な部分も多いです。

 

会社が第二新卒に期待するのは新卒にない社会人常識と若々しさ

「新卒入社して3年未満」というと会社内で大きなプロジェクトや仕事に関わったり、マネジメント経験が豊富ということはまずほとんどありません。
そうなってくると第二新卒の方は「企業が第二新卒を採用することに何のメリットがあるんだろう…」と感じるかもしれません。

企業側からすると大きなメリットは2つあります。

  • 新卒と異なり基本的なビジネスマナーが身についていること
  • 若々しくエネルギッシュなこと

新卒を採用する場合には名刺の渡し方、電話の取り方、敬語・・・など学生時代になかった基本事項をあれこれ教えなくてはいけません。
(簡単なように見えますが会社内では実はこれらの研修にかなりの時間と費用がかかります)
第二新卒採用の場合は、社会人経験を一定量積んでいるというのが前提。ビジネスマナーの基本部分が身に付いているという点で会社は教育の手間が省けます。

次に「若々しくエネルギッシュなこと」です。つまり「若さ」なのですが、これはみなさんが思っている以上に重要です。
私もだんだんと歳を取ってきたので分かるのですが、やっぱり若い人にしか出ないオーラのようなものがあるんですね(笑)。
もちろん会社内で大騒ぎをしましょうとかそういう話ではありません。若い人が増えると会社内の雰囲気や空気もちょっと活気が出てくるんです。
そういった目に見えない部分でも第二新卒には期待感が強く持たれます。

逆に即戦力にならないことがほとんどなので面接官側からすると「この子は伸びそうだな」とか「この子が入社したら活躍しそうだな」などの将来性を見据えて採用するケースも多いです。いわゆるポテンシャル採用です。
年齢を重ねてくると即戦力になる反面、柔軟性にかけていく傾向があるので、まだ凝り固まっていない若手は柔軟性の部分が重要視されます。
未経験採用で第二新卒が強みを発揮する
のもこういう理由からです。

 

転職を成功させるために

このように企業側が第二新卒に期待するのは「基本ビジネスマナー」「若々しさ」の2点です。
ここを知っておけば転職の幅は大きく広がります。

ただし「基本ビジネスマナー」については年配の方から見るとまだまだできていない部分や、転職理由や自己アピールの仕方がズレているといったような人も多いので模擬面接などの実施もふまえ、一度担当の転職エージェント等に相談してみることをおすすめします。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。