海外で転職したいと思った時に知っておくべきこと

転職をする場合、必ずしも選択肢は日本だけではなく、海外を見据えて転職活動をしている人もいます。
「海外」といってもアメリカや欧州だけではなく東南アジアだったり、言語にしても英語だけではなく中国語なども需要が高まってきています。
求人募集をしている会社も多くなっており、海外を視野に入れると視野が広くなってきます。

その一方で転職の方法の違いはもとより、仕事観の違いがあるというのも事実。

今回は海外の転職を視野にいれている人向けに知っておくべきことをまとめました。

 

海外未経験でも転職できなくはないものの自分の強みはしっかり主張できるようにする

「海外に転職したい」と思う人の中でも今まで海外で働いたことがない人は多いでしょう。
もちろん未経験だからといって海外で働くことが出来ないわけではありません。ただし、環境は日本よりもシビアになることは覚えておきましょう。

日本でも最近は成果主義という考え方が徐々に根付いてきましたが、海外の方がその傾向が色濃い傾向にあります。

転職を成功させるためには「自分の強み」「今までの職種で取り組んできたこと」をより具体的に、ロジカルに話せるようにし、入社の際にどのような強みを出せるのかを明確に打ち出せることが必要です。その点は日本よりシビアな状況にあります。
(ただし、国や会社によっても異なってくるので担当の転職エージェントの方に個別の詳細は質問してみましょう)

 

公開求人はとても少ない

海外の求人情報を探した人は既にご存知かもしれませんが、求人サイトなどを見てみると求人数は非常に少ないです。
大手のサイトでも「海外」カテゴリ全世界を合わせて数十件ということがあります。

どうしてこんなに求人数が少ないのか?

理由はいくつかあります。
一つは当然のことなのですが、元々の求人の総数が少ないということ。
海外の企業がわざわざ日本に求人を出すのって考えられませんよね。逆の立場で日本の企業が海外に「人材募集」とすることは滅多にないというのを考えると分かります。
二つ目は海外進出しているような企業は大企業であることが多く、社内で人材を抱えているようなケースが多いためです。要するに募集をする必要がないのですね。

そして次が重要。
海外進出をしているような大企業が募集をかける際に、公開求人で募集するとたくさんの応募があります。
ただし、たくさんの応募があっても、海外向けの事業は忙しいことがほとんどで、面接や選定の時間にリソースを割けず、公開求人にしていないことが多いのです。

勘の良い人は既にお気付きでしょう。

「自分たちの基準を満たす人材をお金を掛けてでも欲しい」と考える大企業は、「非公開求人」として転職エージェントに人材探しを依頼するのです。
そして注意しなくてはいけないポイントとして海外向けの非公開求人においてはエージェントの規模的にも大きめなところを選んだ方がいい
です。

代表的なところとして国内人材最大手「リクルートエージェント」などを見ておくと間違いないでしょう。

色々と難しいことを書いてしまいましたが、前述のとおり国や企業によっても要件などが異なる場合があるので「どういう海外転職をしたいのか」「自分の能力をどう活かせるのか」をざっくりとまとめた上で転職エージェントの方に相談してみるといいでしょう。今の自分がどういう状況にあるにせよ、挑戦しないことには転職に成功する確率は出てこないので…。


コメント投稿は締め切りました。