履歴書は手書きかパソコン。どっちが適切なのか?

転職活動の際に記入する履歴書を書く際に「手書きがいいのかパソコンで印字してしまうのがいいのか」と悩む人は多いですよね。
昔はパソコンで一括で印刷する機能なんかなかったので、ひたすら時間を掛けて手書きだったのですが、今の時代はどちらが主流なのでしょうか。

 

結論

まず結論から言ってしまうと「どっちでもいい」です。
面接官からすると「手書きかパソコンで書いたか」でその人の能力が見抜けるわけではないので気にする必要はありません。

手書きで書く場合には読みやすい字を書くこと(字が下手な人はちょっと大変ですよね)、誤字脱字をしないこと、黒色のペンで書くこと、修正液などを使わないことなどの基本事項は必ず抑えてください。
「手書きのほうが個性が出る」と言う人もいますが、こういった「良くない意味での」個性が見えやすいのも手書きです。自信がない人はパソコンで印刷した方が無難でしょう。

 

一方、気にする会社も

前述の通り、多くの会社は「どっちでもいい」と考えています。

ただし、求人票に「手書きで書くこと」「Word形式で書くこと」などの指定があった場合にはそれに従います。

また、これも会社によると言いますか、都市伝説のようなものだと思うのですがITなど比較的新しい企業はPCで、古くからの伝統を大切にした方がいいという企業は手書きというような話もあります。

同様の話題でちょっと前にこんなブログが話題になりました。

履歴書が手書きの奴は採用候補に入れたくない

このブログの書き手の言っていることが正しいかどうかは別にしても「効率を重視する」といったような会社ではいちいち手書きで書くというのは非効率でムダに見えてしまうのかもしれませんね。ちょっと極端な例かもしれませんが。

もし気になるようであれば近くの相談できる人(ハローワークの職員や転職エージェント)に聞いてみるとよいでしょう。

 

私が面接官をしている時に思うこと

私はIT企業で今面接官をやっていますが、前述のとおり、パソコンでも手書きでも気になりません。
字が汚いと手書きは読みづらいなと思いますが、それだけで一緒に働けない理由にはならないです。

面接の本題はその人がどんな能力を持っていて当社に対してどういった意識で臨んできているか、なのであくまでそれを見るための資料にしかなりません。

一方で誤字脱字がひどかったり、証明写真ののりづけがされていなかったり、あからさまにひどい場合は最初から「不合格」と決めて当り障りのない会話をします。(写真ののりづけなしは結構多いです)
履歴書は本人を知るための最初の参考程度のものですが、そこに手を抜かれると一緒に働くのは難しいかなと感じます。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。