ヘッドハンティング会社から電話が掛かってきた。怪しくない?

「もしもし、◯◯さんでいらっしゃいますか? 実はあなたのことをヘッドハンティングしたいという会社がございまして…一度どこかでお話をさせていただけないでしょうか?」

会社や自宅、携帯電話などに突然こんな電話がかかってくることがあります。

実は私も過去に体験したことがあります。
(私の場合は会社にかかってきました)

「自分はそこまで優秀でもないし、会社の中で目立っているわけでもないし、そもそもどうやって自分の情報を入手したんだろう」など、怪しさや戸惑いを隠せないものの「ヘッドハンティング」という言葉にはドラマにしか出てこないような響きがあって、ワクワクするのも事実ですよね。

私は実際にその電話に会いに行ってみたこともあるのでその体験談も踏まえ、実際にヘッドハンティングの電話を受け取った場合にどのような対処をすればいいのかをまとめてみました。

 

本当のヘッドハンティングか、ただの人材会社か

実際にヘッドハンティングの会社というのは存在するので、かかってきた電話が「どこかの会社からの引き抜き」という可能性もあります。そういった場合ですと、(引き抜きたいと思っている会社名は出せないものの)ある程度具体的な話を伝え方をしてくれることが多いです。

ところがそうではなく、ただの人材会社の営業電話(人材に対して電話営業を掛けている)であれば「まずは一度お話を」といったような抽象的な話に終始することが多いのが特徴。とにかく一度会ってもらって自分の会社に登録してもらいたい、という意図なのでしょう。

ちなみに私に掛かってきた電話は後者でした(笑)
今から考えると目立った社員でもなかったので「そりゃそうだよな」という感じです。

 

偽ヘッドハンティングというものも

ちょっと都市伝説に近いところもあるものの「偽ヘッドハンティング」というのも存在するようです。

今の社内で自分のことを「辞めさせたい」、あるいは「会社に対しての忠誠心を試したい」と思っている人間がいて、ヘッドハンティングを装い、好条件を提示し会社を現職の退職に導く…そして就職先は本当はない(あるいは入社してすぐ退職に追い込むなど)。そういった手段のようです。

ここまで手のこんだことをする会社は財力的にも余裕のある会社限定になると思いますが、これに当たってしまうと、現職を退職に追い込まれるだけとなってしまい、相当な不幸です。

 

怪しいと思ったら相手にしないほうが無難

ここまでの話のまとめです。

「ヘッドハンティング」を名乗る電話は3種類。

  1. 特定の会社からのヘッドハンティング
  2. ただの人材会社の営業電話
  3. 偽ヘッドハンティング

「特定の会社のヘッドハンティング」については相当優秀な人に絞りこまれますし、「偽ヘッドハンティング」についてもそこまでする余力のある大企業しかないので稀なケースだと思われます。

そう考えてみるとほとんどの場合は「ただの人材会社の営業電話」となります。
営業電話をかけてくるような人材会社はそこまで大きくないということ(大手の案件を持っていないことが多い)も予想がつきますので、もし転職を検討しているのであれば受け身ではなく、自分で人材会社を選ぶなりして能動的に行動していく方が安全でしょう。

またそれ以外にも詐欺という可能性もないわけではないので、少しでもこういった電話が怪しいと思った場合には相手にしない方が無難です。

 

(余談)私のヘッドハンティング電話のその後

私に電話がかかってきた「ヘッドハンティング」を名乗る会社に行ってみた結果、ただの人材会社でした。
一応そこで1件だけ案件(割と大手の会社さんでした)を紹介してもらい、面接に進んだのですが不採用となりました。

その際の人材会社のコンサルタントのレスポンスが異常に遅く、さすがに今後この体制で転職活動をするのは無理だなと思ってその後のお取引を丁重にお断りしています。
もちろんこのサイトの中ではその会社のことはおすすめしていませんし、紹介もしません。

こんなことがあったためか、私はヘッドハンティングを名乗る営業電話にあまり好意が持てないでいます。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。