転職を始める前の注意点まとめ

人生の一つの転機である転職活動。これから始めようとしている人は不安が多いかと思います。
ましてや初めて転職する人にとっては不安しかないのではないのでしょうか。

今回は転職に不安を持っている人に向けて一番最初の注意点を簡単にまとめました。

転職活動を始めるのに不安だらけでどうしたらいいかわからないという人はまず今回紹介する記事を読んでみてください。

 

「転職先が決まってからの退職」がおすすめ

転職活動の際に意見が分かれやすいところです。

私は一貫して「転職先が決まってからの退職」をおすすめしています。
一番の理由は退職後に転職活動をすると、転職先が決まらなかった時に精神的なプレッシャーと金銭的なプレッシャーが一気に押し寄せてくるからです。

退職してからの転職活動。メリットとデメリットは?

絶対に転職先を決める自信のある人は退職後に転職活動をしてもいいかもしれませんが、そうではない人は転職先を決めてからの方が圧倒的に安心です。

 

転職前に自分のことを考える

転職をしようとなるとまず転職エージェントや転職サイトに登録するということを真っ先に想像しがちですが、その前に一度自分についてじっくり見つめ直す必要があります。
転職をしようと考えているのであれば「今の会社の環境が良くない」「給料が上がらない」「会社に希望が見いだせない」など、何らかの不安や不満がきっかけがあることがほとんど。
ただその先の「転職してどうしたいのか」を考えていない人が意外と多いです。
ここを固めておかないと目的が曖昧なまま転職活動をしてしまい、なんとなく次の会社に入ってやっぱりなんとなく不満で辞めてしまう・・・なんてことになりかねません。

偉そうに書いていますが私もそうでした。
そうだったので、その時の体験をまとめています。
「転職したいけど何をしたいのかわからない」という人へ。私もそうでした。

そして次に「考えてもなかなかしっくりこない」という場合の行動編です。
足を止めて考えるのではなく、行動しながら考えてみるという方法ですね。
【行動編】「転職したいけどやりたいことが見つからない」という人はまず行動を!

 

業界・業種はどうやって調べていくか

異業種転職も含めて考えている人向けにざっくりと業界研究に向けてまとめています。
転職活動中の業界研究をどう着手したら分からないと言う人へ。

実際問題ここを細かくやろうとするとかなりの時間がかかってしまうことが多いので、ざっくりと確認の上一旦エージェントの人に相談したほうが早いかもしれません・・・

 

できるだけ失敗の少ない企業探しを

転職問題に絡んでくるのが「ブラック企業」問題。

最近は従業員の過労問題など様々なブラック企業がニュースになっているのを散見します。
大手企業でも実態はブラックだったなんてこともあるので、有名企業だからというだけで安易に選ぶことも難しいです。
この問題の厄介なのところは実際にその会社に入ってみたり、その会社に知り合いがいたりしないと実情がわからないところ。
ただ受けたい会社それぞれに知人がいるなんてことはまずありません。

そこで私はキャリコネのようなサイトを活用してあらかじめ内部の人間が書いたことをチェックすることをおすすめしています。
転職先がブラック企業かどうか見分けるには企業の評判サイトを絶対使うべき

転職を成功させるポイントの一つは情報収集にあるので、ここを行うのと行なわないのでは雲泥の差があります。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。