現役の面接官が語る転職の面接にふさわしい、もっとも基本的な服装

転職活動の面接の際に気になってしまうのが「服装」。
転職サイトなどを見ていると様々な基準が掲載されており「このくらいであればOK」というのもサイトによってまちまちです。

そこで転職後の企業で現役で面接官もやっている私から見て「この基本を抑えておけば問題ない」という服装を紹介します。

 

基本的な服装を抑える

まず大前提の基本的な部分で言うと「新卒が入社試験を受ける」というような気持ちで臨んでください。
もちろんリクルートスーツで行くべし、とかそういう話ではなく、具体的には次のようなポイントです。

・スーツで行く(私服は避けたほうが良い)
・華美にならないようにする(ストライプのスーツや、フリルの付いた服など)
・シャツの色は無地の白がベスト(淡い青やピンクでもOKなところもあるが「淡い」の基準が人によって異なるので白が無難)
・シャツもスーツも事前にクリーニングに掛ける(締まって見えます)
・ネクタイも華美でないようにする(濃いブルーやブラウンなど)
・ジャケットパンツも念のため避ける(社風にもよるがどんな年齢層の方が面接官か不明なので)
・靴はきちんと磨いておく(色落ちやかかとの削れにも注意。黒が無難)
・靴下の色は黒(靴の色と合わせる。白は絶対にNG)
・カフスも念のため避ける(場合によっては「華美」と見る人も)

今はある程度、服装もカジュアルになっているところが多いですが、会社の社風が分からない以上、手堅く行くのが良いでしょう。
また「社風が軽い」と言っても社風と面接はやはり別物なので最初は堅めに行った方が失敗は少ないです。

 

身だしなみ

前述の項目をきちんと抑えた上で、身だしなみの部分にも気を付けます。

・髪の色(黒が一番無難です。茶色でも明るすぎないように限りなく黒に近い茶色が好ましい→詳細
・髪の長さ(男性の長髪は不可→男女の髪型の詳細
・寝グセ(髪がぴょんと跳ねていたりすると目立ちます)
・フケ(スーツが黒や紺の場合フケが落ちているととても目立ちます)
・スーツの着こなし(だらしなくないように。ネクタイはきちんと締める。ゆるめない)
・シャツ(スーツからはみ出ないようにします)

ごくごく基本的な部分ですね。
「こんなの当たり前じゃないか」と思う人もいるかもしれません。ただ、面接官をやっていると驚くほどこの基本が抑えられていない人が多いです。

 

最後に

面接は転職活動の中で、行きたい会社に入るための一番最初の窓口です。
面接官からすると一番最初の印象というのは非常に重要で、服装や身だしなみがだらしないと、いくらいい人であっても最初からネガティブな評価になってしまいます。余程の才能や能力がある人であれば別ですが、そんな人は百人に一人もいないです。
だからこそ、最初から減点されてしまうのは非常に勿体ないということ。基本を抑えて面接官に対して最初から好印象で入れるようにしましょう。

また、実際に自分の服装を客観的に見てくれる人がいれば見てもらい、「どう感じるか」を評価してもらいましょう。
もし転職コンサルタントなど、転職の専門家などと契約しているのであればその人に客観的に見てもらうのもいいかもしれませんね。
 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。