深刻な飲食業界の人材不足について

当サイトでは事あるごとに「飲食業界は人材が不足している」と書いています。
最近は店舗が閉鎖するなど実際の動きにもつながってきているようです。
今回は飲食業界の人材不足に関して考えてみます。

特に現在飲食業で働く人は将来的な視点も持ってぜひ考えてほしいことです。

 

すき家の閉店に見る現実

ちょっと前にニュースになったのでもう知っている人も多いかと思いますが、ゼンショーグループの「すき家」が人材不足により営業の縮小を図っています。
24時間営業店の営業時間を縮小したり、もっと進んでいくと店舗閉店にも着手していますね。

このすき家の一連の動きは3月に始まった鍋メニューが引き金となったと言われています。
人数が少ないのに運用のオペレーションに無理があるというもの。
その結果、お店が回らなくなる→クレーム等が増える→従業員が嫌になって退職する、という魔のスパイラルに繋がっているみたいです。

ただ、私からすると別に鍋メニューが始まらなくてもこの流れはいつか来ていたのではないか?と考えています。
特にチェーン店では利益拡大のためにむやみに店舗を増やしていっているので、当然のごとく人材が不足していきます。
そうなると、数少ない人数で店舗を回さなくてはいけない→クレーム等が増える・・・といった、先程同様の魔のスパイラルが完成されるわけです。

 

飲食業界はどうあるべきなのか

完全に私の理想だけを書くと、従業員ありきで店舗のことを考えるべきという一点につきます。

特に考えて欲しいと思うのが店舗拡大と24時間営業。
24時間(深夜)営業の会社に転職するメリット・デメリット」にも書いたのですが、ともかく身体面から考えると非常に不健全な部分が大きいです。
もちろんそこの管理もできるということであればまったく問題はありません。ただ店舗を拡大していくとここの管理の部分は非常に難しくなります。
その結果、精神的にも参ってしまって退職者が増えるということになります。

経営することで利益を出すというのはビジネスとして当然のことです。しかしその前に働いている人が「休める時は休める」というごくごく当たり前の環境を作ることが優先。
そこが保証されていない仕事なんて耐えられる人の方が少ないと思います。

前職の私の同期でも、その業界に残っている方が少数なのでそれがすべてを物語っているのではないでしょうか。

 

飲食業で働く人へ

つらつらと書きましたが飲食業を否定するわけではないです。
ただ、飲食業で働く人には将来的な視点も持った方がいいと考えています。

まず特殊な業界なので他の業種で通用するスキルをなかなか身に付けづらいということ。スキルを身に付けないままダラダラといってしまうと抜け出せなくなるということ。

そして人材不足はどの会社でも起こりうることなので、もし今そういう状況ではなくともそうなった時に自分が他所でも働けるスキルがあるのかどうかを常に意識しておいたほうが良いのではないかと思います。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。