20代後半で未経験分野への転職活動が不安な人へ。

学生から社会人になって4年から8年くらいの年齢がちょうど20代後半に差し掛かる時。
この辺りになってくると転職をしたことがない人でも、ちょくちょく転職を考えたり、周りの同期が転職を既にしていたりということが多い時期でしょう。

転職はしてみたいけど、不安が多い…という人も多いのではないでしょうか。
私も大学を卒業してから飲食業に入り、27歳の時に未経験分野のIT企業へ転職をしていますのでその体験も踏まえて、この世代の人達向けに考えていることをまとめます。
一歩踏み出せずにいる人に対して一つの事例として参考になれば嬉しいです。

 

転職に対する不安と現状の不満と不安

転職を考えている人は現状に対して何かしらの不安や不満があるかと思います。

私も同じでした。
むしろ私の場合は飲食業をやっていて「将来体力的に続くのだろうか?」というのと「世間的に通じるスキルがないのではないか?」という不満と不安が極端に大きかったので「転職すると良くなるに違いない!」という楽観的な考えしかなかったです。
こういう背景があったため転職することには不安はまるでなかったです。どれだけ転職先がキツイ環境でも飲食よりキツイことはないだろうと思っていたので(笑)。

「上手く転職できないのでは?」という不安を持っている人もいるかと思いますが、現職をキープしたまま転職活動を続ければ少なくとも職に困ることはありません。
(私はその点で言うと一回退職してからしばらく何もしなかったのですが…)

とは言え、それでも躊躇する人もいるでしょう。
そういう人は自分が「やっぱり転職しよう!」と一歩踏み出せるまで待ってみてもいいでしょう。機が熟したら必ず自分で行動する時が来ます。
行動に移せないということは自分の中でまだ転職するかしないかの迷いがあるのかもしれません。

ただ未経験というところでいうと20代後半以降、特に30台に差し掛かってしまうと一般的にはかなり難しい部分があるので決断は早めにした方が良いです。

転職エージェントに相談することにより具体的な打開策が見えてくることも多いので利用してみるといいでしょう。

 

転職サイトなどで煽る風潮に対して思うこと

転職サイトなどを見ていると「年収アップの秘訣」とか「こういう人は転職してはいけない」と不安を煽る記事が多いように思いますが個人的にはあまり気にしなくてもいいのかなと思います。
自分がしたいと思った時にすればいいだけの話ですし、それらのセオリーもあくまで一般論なので確実性はないものとして話半分で読んでおけばいいでしょう。

 

世の中には達人がいる

転職系の情報を集めていたらこんな2chのまとめを発見しました。

資格ちゃんねる : 30代後半のおっさんが7回目の転職成功したからみんなも頑張れ!!
http://shikaku2ch.doorblog.jp/archives/37885449.html

実際にこういう転職ジプシーの人がいることは事実。
30代後半でこうしてハツラツと活動している人もいるので、20代後半の最初の未経験転職なんて本当にまだ些細な事です。
未経験でもまだポテンシャル採用が通りやすい時期なので。

一方で現職で面接官をやっている立場から言うと頻繁に職を変えるのはやはりあまり心象が良くないので一つの会社に3年は勤めていたほうが安全です。転職ジプシーを勧めるわけではなく、世の中にはこういう人もいるんだよということで認識ください。
 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。