「現職がぬるま湯なので転職をしたい!」という時に考えたいこと

特に不満もなく、特別なストレスもない職場。周りの人はいい人ばかり。
それはそれで素晴らしいものの、数年など刺激もなく長く勤めているうちに「このままではぬるま湯社員になってしまって将来が危ういのではないか」「転職をした方がいいのだろうか」と頭をよぎることがあります。

今回はそんな「今の会社がぬるま湯なので転職を考えている」という人に向けて一度考えてほしいことをまとめました。

 

今の環境でできることがないかを考える

まず一番最初に感じて欲しいのは今の環境の良さです。
私は前職がかなりハードな職場だったのもあり「不満もストレスもなく、周りの人はいい人ばかり」という環境は素晴らしいと感じてしまいます。
もちろん、「ぬるま湯」と感じることが悪いわけではなく、おそらくあなたの向上心から出てくるところなのでそれはそれで素晴らしいことです。

ただし、転職したら自分の望む仕事や環境が手に入るわけではありません。

転職後ハードワーク企業にあたってしまい、急激な環境の変化の結果、体を壊してしまうような人も多くいます。

一度、今の環境は今の環境として「素晴らしいもの」として捉え、現職場でできることを考えましょう。
例えば次のようなものです。

  • 今自分がやっていることで改善できることはないか?
  • 自分が頑張れば社内の利益が伸びるようなことはないか?
  • 自分の力で社内の誰か他の人を楽にできないか?

まず社内で自分の周辺を見回し、できることがないか、今よりもっと良くなることがないかを見つけてみましょう。

 

「転職をすることで解決する問題なのか」を考える

もし社内の仕事を見回した上でそれでもやることがなかったり、周囲の人に聞いても「今のところやってもらいたいことがない」と言われてしまったような場合、自分の仕事は自分の仕事できっちりこなし、自分の将来について考える時間を取ります。

やることがないという場合、「資格を取る」という発想になってしまいがちですが、意味のない資格をとっても時間の無駄なので、自分の将来を考える時間に充てます。
自分の将来を考えるのが何故重要なのかというと、「自分がどうしたいのか」を考えないと、転職にせよなんにせよ先のことが全く決まらないからです。
具体的に「こういう人間になりたい」「こういうキャリアを築きたい」というビジョンを構えてから転職をするかどうか(転職をすることでそれが成し遂げられるのか、そこに近付けるのか)を考えます。

自分がどうしたいのかまったく決まっておらず「ぬるま湯から抜けたいから」という理由だけでは、転職は失敗する可能性が高く、要注意です。

考えぬいた結果、転職をすることで解決するということであれば、転職の道を考えてもいいでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。