12月〜1月。年末年始にかけて転職活動をするのって良くないこと?

日本全体、多くの企業が休みになる年末年始。
この時期に転職活動をすることについて次のように考えている人はいないでしょうか。

「年末年始に申し込みをしたら失礼ではないか?」
「求人が少なくなる時期だからタイミング的に不利に働くのではないか?」
「企業の人がこれから休みに入るというのに応募をするのはマナー違反なのではないか?」

結論から書いてしまうと心配は全く不要、気にしないで転職活動をしてしまって構いません。

私も面接官をやっている立場なので、今回は企業側の視点も含めてお話いたします。

 

年末年始に申し込みをするのは失礼ではないし、マナー違反でもない

「年末年始に求人募集に申し込むのは失礼に当たるのではないか?」という疑問について。全く心配する必要はありません。
そもそも求人は企業側が出しているものなので、その時点で「応募したら失礼」ということはないですよね。

私の経験を話します。ある年の年末のこと、年明けの2月末に人が辞めることが決まっていたので、エージェントに依頼をかけ人材を探してもらうということになりました。
年末にエージェントにいい人材を紹介してもらい、面接を行い、そのまま採用。年末の冬季休暇に「一人退職者が出るけど良い人材が採用できたので来年は先行きよく仕事を始めることができるな」心安らかに過ごすことが出来ました(笑)

募集している企業からしてみれば「人が一刻も早く欲しい」と思って募集しているのでむしろどんどん来て欲しいというのが本当のところです。
そしていい人材が年末に採用できると心地よく年末を過ごせるという担当者も多いのです。

 

求人数は少なくなるのではないか?

次に多い疑問として「求人が少なくなるのではないか?」というもの。
もちろん大晦日に向けて大量に求人が増えていくということは少ないですが、肝心なのは求人市場が活発になるかどうかではなく、自分の行きたい会社の求人がその時点であるかどうかなのです。

仮に通常であれば1,000社の求人があるのに対して、年末は100社程度しか求人を出していなかったとしましょう。
ところがその100社の中に自分が本当に行きたい会社・業界の求人情報があった場合と、逆に1,000社求人を出していても自分がいきたい会社や業界が全くなかった場合とを比較してみた際に100社しかなくても価値があるというのはわかりますよね。

「年末で求人が少なくなりそうだから活動は年始まで控えておこう」というのは機会損失をしている状態と言えます。
年末に募集していた自分の行きたい会社が、年始に募集をやめているのかもしれないわけです。機会を失わないように年末でもエージェントや口コミサイトを使った情報収集を行うことをおすすめします。

ちなみに人材紹介会社パソナのアンケート(※)では年末年始に転職活動をする人が11.3%いるとのことで、成功に近付くために貪欲な人はどんな時でも躊躇せずに行動しているというのが伺えます。スムーズに転職できるかどうかはこういう小さい一歩が踏み出せる人だったりするのもまた現実なんですよね。
※プレスリリース「~アンケート調査結果~ 年末年始の過ごし方に関する調査結果の発表」(2013)より。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。