「転職したいけど自信がない」という人はどうしたらいい?

「転職をしてみたいけど自分には大したスキルもないし自信がない・・・」
「会社でもミスが多いし、私の転職先なんてあるわけがない」

本当は転職をしたいけど、あと一歩が踏み出せないということはないでしょうか。

もしあなたが「転職をしてみたい」と思っているのであれば、まず一歩踏み込んで行動してみることをおすすめします。行動したからといって必ず転職できるわけでもないですが、行動しないと転職できる可能性は100%ありません。

今回は自信がなくて転職活動をすることに躊躇しているという人に向けて「自信」についての考え方と転職のポイントについてまとめてみました。

 

仕事には向き不向きがあることを知る

自信がない人は「今の仕事でもよくミスをする」「周りの人はできているのに自分は出来ない」というネガティブな面に目がいってしまっていることが多いです。
大前提として「仕事には向き不向きがある」ということを知っておきましょう。

今の仕事がたとえ他の人より出来なかったとしても、別の職種だったらできるということも往々にしてあります。

例えば、大雑把な性格の人が細々とした仕事をやっていたらミスも多くなりがちになりますし、その職場で周囲に細々とした人ばかりであれば相対的に「仕事ができない」と思ってしまいますよね。
このように今の職業が必ず自分に向いているとも限らないわけです。

そう考えると社会人経験を積んで、自分の向き不向きが分かってきた頃に転職をするというのはいわゆる「天職」につけるチャンスでもあります。

 

転職サイトだけの転職活動はしない

自分に自信がないという人は転職サイトだけを使った転職活動は絶対にしないようにしましょう。

転職サイトによる転職活動だとどうしても自分だけで完結してしまう可能性が高く、客観的に見た自分自身の良さを履歴書や面接に出せていない可能性があります。特に自信がない人は「私はこんなことしかできない」「そんなに良いところがない」といったようなことを考えがちになり、履歴書や面接でも一歩引いた感じになり面接官から見ても「自信がなさそう」「大丈夫かな?」と思われ、採用の可能性が低くなります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントです。
※転職サイトと転職エージェントの違いはこちら:転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職エージェントでは転職のプロが履歴書の書き方や面接のコツなどを直で教えてくれるので、履歴書の内容や面接応対の能力が上がります。
例えば履歴書であればあなたが気がついていない自分自身の良さを引き出してアピールできるようにしてくれますし、面接についてもどういった受け答えをすればいいか、前職の経験をどのように前向きに話すのかなどを教えてくれます。

もちろんエージェントを利用するのは転職活動を有利に進めるためでもありますが、仮にそこで「自分自身の良さ」に気付いた場合、次の職場にも活かすことが出来るかもしれませんし、今後の人生にも活かすことが出来るかもしれません。

「転職をしたいけど自信が・・・」と言っている人は希望を持ってまず一歩踏み出してみることです。
在職しながら転職活動すれば少なくとも失業するレベルの失敗にはならなりません。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。