「県外で転職したい」と思った時のスタンダードな活動方法

「地元を出て県外へ。都心の会社で働きたい」と思う人は多いです。

生まれてからずっと地元を出たことがないという人であれば「都心はどんなものなのだろう」と興味が湧くのは当然ですし、華やかな感じがして憧れる面もありますよね。
今まで生きてきてなかなか外に飛び出す機会もなかったので転職を機に…となるパターンの人が多いようです。

その際に「そもそも就職できるのか」「お金は大丈夫なのか」「人間関係はうまくいくだろうか」など様々な不安が生まれるかと思います。
そんな不安をどうやって解決していけばいいのかを本項目ではまとめます。

 

必ず働き先を決めてから県外に行くこと

以前に「引越しと転職を同時にするというリスク」という話で私の友人が都心に出てから職を探そうとしていたので大反対した話を書きました。
詳しくはそちらに書いているので詳細は割愛しますが、仮に「県外で働く」と決めた際に2パターンの行動があります。

  1. 転職先を決めてから引越す
  2. 引越してから(引越し先で)会社を探す

この2択で正解は「転職先を決めてから引越す」です。
転職先を決めてからでないと、見知らぬ土地の慣れない生活、職がないので極端に減りが早い貯金…という二重苦になってしまうためです。最悪の場合、転職先が決まる前に貯金が底をついてなにもしないまま地元に戻るということにもなりかねません。

転職と転居の順番は絶対に間違えないようにしましょう。転職してから、転居です。

 

職場探しはどうやってやる?

県外への転職でよく挙がるもう一つの悩みは「仕事はどうやって探せばいいの?」というもの。
ありがちな例としてはハローワークで県外の求人を探して職員にあまりいい顔をされず(※)、「県外のハローワークまで行って職を探すべきなのでは…」と考えたりします。

※県外の仕事を探すこと自体はマナー違反ではないが不況下で様々な条件を付けるとハローワークではあまりいい顔をされないことも。またできれば地元の企業に還元したいという想いのあるハローワーク職員の人もいるためこういうケースになることがあります。

ですが、そもそも県外のハローワークまで行くということ自体がかなりの労力と時間とお金の無駄遣いですよね。

もし「県外に出る」が「都心に出る」と同義なのであればハローワークではなく転職エージェントを使うべきでしょう。
特に大手の転職エージェントは都心での求人にかなりの強みを持っています。
またハローワークは無料で求人情報を掲載できるため掲載されている求人の質がピンキリ。中にはブラック企業が入っていたなんてこともあります。
(参照:ハローワークのデメリット。私がハローワークをおすすめしない理由

その点、転職エージェントはきちんと企業からお金を取っているので財政的には(ハローワークに比べると相対的に)潤っているところが多いです。

「県外」や「都心」と一括りに言ってもそれぞれの場所によって求人事情なども微妙に違うので相談のみでも転職エージェントを使ってみるといいでしょう。全国に支社があるリクルートエージェントなどは相談しやすいでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。