一つの会社で3年働く意味とは?

社会人になった際に親だったり、上司だったり目上の人によく言われるのが「どんな会社でも3年間は働け」というもの。
でも、なぜ3年なのかその意味をあまり考える人はいません。

私もこの「3年は働け」という意見には賛同しているので、どうして3年なのかという考えも含めてまとめます。
「なぜ3年なんだろう…」と思って、将来を懸念している人は一度目を通してみてください。

 

会社規模に関わらず3年で20%以上の人が退職

ニュースなどでもやっている「若者が3年以内に退職するようになっている」という話があります。
実際に厚労省が発表しているデータによると会社規模に関わらず20%以上の人が会社を退職していることが分かります。
(以下は大卒のデータを使っています)

3years

  • 会社規模 5人未満:60.4%
  • 会社規模 5〜29人:51.4%
  • 会社規模 30〜99人:39.6%
  • 会社規模 100〜499人:32.1%
  • 会社規模 500〜999人:28.7%
  • 会社規模 1000人以上:22.8%

「社会人一年目で転職したいと思った時どう動くべきか?」で書いた「1年未満で退職」する人の割合と比較してみます。

compare1-3
※両データともに大卒者対象。
※参照:新規学卒者の離職状況に関する資料一覧|厚生労働省

規模の大きい企業でも3年を過ぎると退職者が大幅に増えることが確認できますね。

 

一つの会社に3年いるとだいたいのことが分かるようになる

一般的に3年を目安に次のステップを考える人が多いのが分かったと思います。

では今回の本題で「なぜ3年なのか」について。

ひとつは「石の上にも三年」と言われるように、3年間辛抱すればどんな状況でも必ず報われる時が来る、というのが由来でしょう。

もうひとつ、私は「3年かければ自分の関わっている仕事の全容が見えてくる」と考えています。

特に入社したばかりの新入社員や異業種転職をした人が「思っていたのと違う。やめたい」と思う人にありがちなのが、そもそも入社したばかりでは「思っていたの」に触れることすら出来ないんですね。
その業界に対して思っていたことというのは大体業界の華やかな部分だったりしますが、入ったばかりの時は下積みなので思っていたのと違うのは当然でしょう。

下積みで様々な経験を積んで、華やかな部分・自分の想像していた部分に触れられる目安が3年なんじゃないかと感じています。

 

転職活動の時の一つの目安にもなる

また転職活動の時の一つの目安にもなります。

面接官をしていると色々な人に会うことになります。
その中で一番最初に目を通すのが履歴書になるわけですが同じように良さそうな人でも「1年毎に会社を変えている人」と「3年以上いる人」とでは相対的に「3年以上いる人」を採用しようと思います。

面接官も普通の人間なので「凄く良さそうでやる気がありそうに見えるけど、口先だけですぐに辞めてしまう可能性があるのではないか?」と履歴書を見ながら思うこともあるのです。
人材の採用は会社にとって意外とお金を使う場面なのでこのあたりも慎重に判断する必要があります。

そういった意味では3年はひとつの目処にはなるでしょう。
もちろん採用の基準はそれだけではないので3年いかなくても受かるときは受かりますし、前職の勤務期間が2年11ヶ月で1ヶ月足りないから不採用なんてことはまずありません。相対的に有利になることが多い・他の受験者と比較して優位性になることが多い、という意味です。

ブラック企業で本当にマズイところであったり、精神的にもう苦痛でしょうがないし体調に支障をきたすということであれば耐える必要もないですが、耐えられるようであれば3年間は続けた方が長期的に色々なメリットがあるかなーというのが私の考えです。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。