実際には難しい残業代請求。そんな会社は早めに見切りをつけよう。

「うちの会社は残業しても残業代がでない」
「サービス残業が多すぎて時給換算してみるとアルバイトよりも低い時給になった」

日本ではこのような残業にまつわる残念な話がとても多いです。そして良くないことにこの残業代未払いについて「うちの会社は払う気がないのでしょうがない」と考えている人も多く、そのまま悪しき風習がはびこるようになっています。

 

残業代が出ないのは違法

残業代は法律で支払われなければいけないものと決まっており、残業をしているのに残業代がでないのは違法です。
労働基準法を見てみましょう。

まず最初に一日の労働時間について。
あまり知られていないのですが、実は一日(一週間)で働ける労働時間は労働基準法の中に記載されています。

(労働時間)
第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
○2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

働ける時間は一日8時間、一週間で40時間までということですね。
そしてこれを超える残業時間については次の通りです。

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第三十七条  使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

残業時間については通常の賃金の2.5割〜5割の割増賃金が支払われるように定められています。
こちらが基本的な労働時間の決まりです。

もちろん残業時間がどのくらいでも出来るというわけではなくきちんと上限も設けられています。

  • 1週間:14時間
  • 2週間:27時間
  • 4週間:43時間
  • 1ヶ月:45時間
  • 2ヶ月:81時間
  • 3ヶ月:120時間
  • 1年:360時間

参照:厚生労働省「時間外労働の限度に関する基準」(PDF)

 

残業代をきちんと支払わせる方法は3つ

前述のように法律で定められていることを踏まえ、実際にどのように会社に残業代を請求するか、具体的な方法は3つです。

1.上司や人事部に相談をする
自分の上司や人事部に直接残業代について直訴してみる方法です。
方法としては一番手軽で手っ取り早いです。ただこの方法を取れる人はなかなかいないですし、かつ今まで野放しにしていた残業代未払いが改善されることはほぼないでしょう。

2.労働局に相談する
各地域に設置されている労働局の相談窓口に問い合わせる方法です。
厚労省のサイトに全国の窓口の一覧があるので自分の地域の窓口を探してみるといいでしょう。電話相談も可能です。
実際にここからの相談で会社に指導が入り、改善した事例もあります。3つの方法の中で一番現実的に動きやすい方法です。

3.弁護士に相談する
3つの方法の中でも一番請求した残業代を回収できる確率が高いです。
欠点としてはお金と時間がかかるということ。
弁護士にもよりますが、相談の費用、着手金、裁判に向けての書類を準備する時間、残業代を回収できた時の成功報酬費用などあらゆる点で面倒です。
よほど悪質なブラック会社であれば弁護士を使ってもいいかもしれませんが、個人で相談するには少し手間です。

 

労働環境にだらしない会社については早めに見切りを付けたほうがいい

残業代を支払わない会社については仮に一時的に解決しても抜け穴を探して切り抜けたり、また元のサービス残業が蔓延している労働環境に戻ってしまったりすることがほとんどです。
経営者が「残業代を払わない」という考え方なのでそこが変わらないとどうにもならないのです。

私も前職の飲食業時代に残業だらけの悲惨な状況で、経営陣やその直下の人(上司に当たるような人)が「残業なんて当たり前」「昔はもっときつかった」くらいの考え方しかありませんでした。このような会社は将来もほぼ変わることはありません。

そこで考えて欲しいのが「そんな会社は早めに見切った方がいいのではないか?」ということ。

会社の労働環境が変わらないのであれば、自分自身が転職してちゃんとした環境の会社に移ってしまえばいいのです。
転職した経験から言うと残業周りの労働環境が整備されている会社は世の中にたくさんあるので、そういうストレスのない環境に自ら飛び込んでいった方が人生が豊かになります。
実際に残業のない環境になるとサービス残業でイライラしていたのがいかにバカバカしいかが分かりますよ。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。