【正社員向け】定時で帰れる職場に転職したい時のポイント

日本人の多くの正社員が働く上で不満に思っている残業問題。

会社の中にいる周りの人に残業の話をすると、口をそろえて「定時に帰りたい」「残業したくない」と言うのに実際にはみんななかなか帰らないという不思議。ここがフラストレーションになって転職したいと思う人もいるでしょう。
(かくいう私が前職の飲食業で残業が多すぎる・休みがないのが嫌で転職しました)

転職を考える際に「ともかく残業をなくしたい」「定時で帰れる会社に行きたい」ということを主眼に置いている人も多いでしょう。

今回は私の経験を元にどうやったら定時退社できる会社(あるいは残業の少ない会社)を探すことが出来るのかをまとめます。

 

定時退社できるのは職種・業種ではなく「会社」の話

最初に「どの職種・業種が定時退社できるのか?」という観点で考えてしまいがちですが、定時退社の問題に関して言うと職種や業種の問題ではなく会社の問題です。

例えば私は現在IT業界で働いていて、前職の飲食業に比べると残業が圧倒的に少なくなりました。
「飮食からITに転職して残業が減った」話だけを聞いて「IT業界は狙い目なのかな」と考えてしまうのは早計です。

業界の話だけで言うとIT業界は基本的に全体的にハードワークな業界で、会社によっては深夜まで働いているなんて言うところもざらにあります。
そんな中でも私が働いているような残業の少ない会社(少なくしようとしている会社)はあるので、結局のところ業界ではなく会社単位で探すのがベスト。
もし現在の職種と同業種で残業の少ない会社に転職できれば、これまでの仕事の経験も活かせる転職ができるので一石二鳥です。

 

転職サイトの「定時退社」という言い回しに要注意

転職サイトで「定時」や「定時退社」等で検索を掛けてみると結構な数の会社が表示されますが、ここで注意しなくてはいけない点があります。
転職サイト内の検索結果では会社紹介の文章の中から検索をかけているにすぎないので、よーく見てみると定時退社が出来るわけではないことがあります。例えばこんな感じ。

  • 定時退社を会社として推奨
  • 定時で帰れることもある
  • 基本的には定時退社を目指している

・・・など。
もちろんこの中にも良心的な会社もあるとは思うのですが、ちょっと斜めに構えた見方をすると、

  • 定時退社を会社として推奨 → 推奨しているだけで実現していないかもしれない
  • 定時で帰れることもある → 3ヶ月に1回くらい定時で帰れることもある
  • 基本的には定時退社を目指している → 定時退社を実現しているとは言っていない

どれも怪しく見えてきますよね(笑)
転職サイトを使ってはいけないということはありませんが、情報が本当に正しいのか裏取りをすることをおすすめします。

私は「キャリコネ」などの評判サイトを使って、残業などの現状を確認することをおすすめしています。私も実際に使っていますが、赤裸々に残業の話が書かれているのでなかなかリアルです。
(ちなみに前職は散々な書かれようでした・・・)

転職サイトではなく、転職エージェントを使っている人であればエージェントに会社の労働環境の状況を直接聞いてみるといいでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。