転職活動においてペーパードライバーはどういう扱い?

形式上は普通自動車運転免許を持っているものの、免許をとってから実は全然運転していない・・・という、いわゆる「ペーパードライバー」の人にとって、転職活動では細々とした悩みが出てくるもの。

「ペーパードライバーだと知られたら、採用率が下がるのではないか?」
「ペーパードライバーなので履歴書に普通自動車運転免許取得と書いてはいけないのではないか?」

など、考えていくとキリがありません。
今回はこれらペーパードライバーの方の悩みにまとめてお答えします!

 

ペーパードライバーでも転職活動は不利にはならない

意外にも「ペーパードライバーだと転職活動や就職活動では不利になるのではないか」と考えている人がいるのではっきりと回答しますが、ペーパードライバーでも転職活動では不利になりません。
というよりも、運転免許を持っていなくても転職活動は出来ますし、不利にもなりません。
(「要普免」等、免許が必要な職種については免許がないと受けられませんが・・・)

何を隠そう、この私が免許を持っていないものの、普通に転職活動ができましたし、内定も数件決まりました。
免許がなくても転職の内定を決めることはできるので、免許を持っている人であれば不利になるようなことはまずありません。

また都心であれば交通機関が発達しているので、営業職のような外回りの仕事でも車を使わなくてもいい、なんてことも多いです。私の会社もほとんどが電車移動なので営業マンでも車を使うことはありません。

 

ペーパードライバーでも資格欄に「普通自動車運転免許」と書いて良い

多い質問として「ペーパードライバーは資格欄に普通自動車運転免許と書いていいのか?」というものがあります。
もちろん資格として持っているものなので、ペーパードライバーだとしても資格欄に「普通自動車運転免許」と書いて問題ありません。

注意してほしい点として、ドライバーなど車を業務で使う仕事の場合は事前にきちんと会社の担当者に、ペーパードライバーである旨を伝えておくことを忘れないようにしましょう
伝えておかないと採用側としては「普通に運転ができる」と思ってしまうため配置なども単独で運転をさせるようなセクションにしてしまう可能性もあります。
事前に伝えておくことで、あらかじめパートナーを作ったシフトにしてくれるなどの気遣いをしてくれる会社もありますし、社用車で運転練習させてくれるといったような会社もあります。

ただし中には人員がギリギリで余裕がなく即運転できる人だけを探している会社もありますので、面接の段階で伝えられれば一番ベストです。

 

どうしても不安な場合は練習を

免許を持っていても車が苦手な人は多いです。
どうしても業務上避けて通れないといったような場合、教習所で「ペーパードライバー教習」を受けたり、実家の自家用車を使って練習しているようなケースがほとんどです。
基本的に運転は才能を必要とするようなものではないので仕事で必要といったような場合には、少しづつ練習をしていくのが良さそうですね。

また冒頭にも書いている通り車の免許がない仕事も世の中にはたくさんあるので「どうしても車は無理」という場合には免許の関係ない仕事をするのが良いでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。