転職は「我慢が足りない」本当にそうなんだろうか?

インターネット上でよく目にするのが「転職を短い期間で繰り返しているのは我慢が足りないからだ」「人間関係の悩みはどこでもあるもの」という論調。

私も飲食業にいた頃はそういう風に考えてひたすら耐えに耐えてきましたが、いざ辞めて(当時より)楽な身になってみると「我慢ってそんなに重要な事なのかな?」と感じます。

おそらく転職をする際に「自分の甘えなんではないだろうか」だったり「他の人に比べて忍耐力がないのではないか?」と思っている人も多いのではないかと思うので、そういった人たちに向けて「本当にそうなのか?」というのをまとめてみます。

 

感情と現実を切り離して考える

この手の問題で一番悩むのは「感情」と「現実」の問題がごっちゃになってしまうからです。
転職にまつわるよくある論調を「感情」と「現実」に切り分けてみましょう。

【感情】
人間関係に悩んで転職しようと思うのは甘え
短い期間で転職を繰り返すのは忍耐力が足りないから
30代後半以降になって理想の職場を見つけようとしているのは甘え

【現実】
転職を繰り返していると段々不利になってくる
人間関係で転職しても、転職先でも人間関係で失敗する可能性がある(でも成功する可能性もある)
歳を取ってくると段々と転職が難しくなってくる

 
データに基づいて「統計的に見て不利になってくる」というのは現実。ただあくまで統計的にそういう傾向があるというだけで全てではない。
「我慢が足りない」というのは感情。

このへんをごっちゃにしてしまうと判断に非常に迷います。
個人的な意見としては「感情」の部分は一旦置いておいて、「現実」を踏まえた上でそれでも転職したいのであればすればいいんじゃないかなと思います。

 

最終的には自分の好きなようにやったらいいと思う

転職関係は周囲の理解が得られないと「甘え」「我慢が足りない」となどと言われがちですが、一番大事なのは前述の「現実」を把握した上で自分がどうしたいのかでしょう。
私が思うのは周囲の意見なんか気にしないで好きなように生きればいいんじゃないかと思うわけです。

周囲の意見を取り入れて、それに従って生きたところで成功が約束されているわけではなく失敗することだってあるわけです。それで失敗したからといって周囲の人が責任をとってくれるわけではないんです。
それだったら自分の選んだ道で行った方が気持ちいいんじゃないかと思うわけで。
もちろんそれで成功することも失敗することもあるわけですが、仮に同じ失敗をしても自分の選択だからそっちの方が清々しいと思いませんか?
逆に成功すれば自分自身の判断能力が良かったという事にもなりますし。
(ちなみにこのサイトに書いてあることを実践しても当たり前ですが当サイトでは責任は取れません(笑))

「我慢が足りない」という周囲の感情論に振り回されて自分が本当にやりたいことをやれないとか、自分自身の人格を否定的に見てしまうっていうのはなんだか本当にもったいないことなんじゃないかなと思います。

まず自分の置かれている現実をしっかり見据えた上で、自分がどうしたいのかを考えて実直に行動すべきです。
誰の人生でもなし、自分の人生なので。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。