おすすめの転職先を探す際に絶対に気を付けなくてはいけないこと

転職をする際に具体的に行きたい会社が決まっている人もいれば、その逆で漠然としか決まっていない人もいるでしょう。(私もその一人でした)

そういう時にGoogleなどで「おすすめの転職先」などと調べてみて出てきた業界や会社を受けてみるのも手ですが、そうした選び方には大きな罠がひそんでいるので要注意です。

 

「自分の会社を選ぶ基準は何か?」をきちんと考える

ネットに転がっている「おすすめの会社」を真に受ける前に「自分の会社を選ぶ基準は何か?」をきちんと考えること。単純なようですが実は一番重要です。
例えば、あなたは次のどちらの会社に入りたいと思うでしょうか。

  1. 年収1000万円でハードワークの会社
  2. 年収400万円でそれなりに楽な会社

これは見る人によって分かれると思います。
私は「年収400万円でそれなりに楽な会社」タイプの人間です。お金はそんなにいらないのでちゃんと休める生活が欲しい、というタイプですね。

どちらがいいとか悪いとかではなく、自分自身の「軸」を決めておかないと転職してから大きく後悔することになります。
私のような人間が「年収1000万円でハードワークの会社」に入社してしまった場合にはおそらく1週間位で音を上げてしまうでしょう(笑)

自分が転職するのは「お金をいっぱい稼ぎたいのか」「あるいは会社のブランドに乗っかってモテたいのか」「楽な生活をしたいのか」…などのさまざまな選択肢を考慮する必要があります。
ここを誤ってしまうと転職しても全然自分の望む通りの結果にならなかったということが多くなります。

 

業界や業種で絞り込む危うさ

転職系のサイトを見ていると「IT業界が狙い目!」とか「不動産業界は安定している」などの文言が踊っています。
以前「転職で業界を変える際に注意すべきポイント」というところでも書いたのですが、業界だけで選ぶのは危険です。
同じ業界の中でも前述したような「給料は高いけどハードワーク」「給料はそこそこだけどラク」といった分かれ方をしています。
受けたい業界があるのであればそれはそれでいいのですが、業界内にも大きく環境の違う会社があることを念頭に入れ、会社については評判サイトなど(※後述します)できちんと調べておきましょう。

私はIT業界で比較的ラクな生活をしていますが、業界最大手の会社の中には午前2〜3時に帰ることもしばしば、なんていうところもあります。ハードワークをしているからこそ、業界をリードしていける部分もあるかと思うのですが私には正直難しいですね…。
逆に「業界をリードしていくような会社に行きたい」という人にはそういう会社は合うのかもしれません。

 

どのように転職先を選べばいいのか?

前述したような「自分はどういう会社に転職したいのか?」の部分を明確にした上で、求人サイト・転職エージェントを利用して求人を探しましょう。
そして企業の評判サイトをつかってそのサイトが「本当に大丈夫なのか?」の裏付けを取ります。転職エージェントを使っているような場合には、エージェントの人に聞くのもいいでしょう。

「本当に自分にとってのおすすめの会社はどんな会社なのか」転職活動をする際にはここを絶対に忘れないようにしましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。