今すぐ転職したいと思った時に振り返りたいポイント

労働環境や仕事内容があまりにもひどかったりすると「今すぐこんな仕事辞めて転職したい!」と思う人も多いでしょう。
ただ仕事を終えて家でゆっくりしていると「私の甘えなのではないだろうか?」「世間的にこれくらい耐えている人が多いのではないか?」「もうちょっと頑張ってみてもいいんじゃないか?」なんて色々な思いが浮かんできてつい二の足を踏んでしまうこともあるのではないでしょうか。

私もどちらかと言うとかなりの慎重派で、散々文句を言いながらも「もうちょっと頑張ってみてもいいんじゃないか?」とズルズル転職を先延ばしにしてきたタイプです。

今回は転職したいと考える人が「転職に踏み切るべきかどうか」を振り返るポイントをまとめました。自分自身のことは案外客観的に見えづらいものなので、これらを参考に自分のことを振り返ってみてください。

 

間違いなく今すぐ辞めて転職した方がいいケース

まず一番最初に「間違いなく今すぐ転職した方がいい」というパターンは、労働環境がひどいケースです。
例えば、セクハラやパワハラが横行している、残業時間があきらかにおかしい(帰れない上に残業代もつかない)など、いわゆる「ブラック企業」の場合ですね。

このようなケースでは精神的・身体的に支障をきたしてしまうことがありますので即刻転職を検討するべきです。
仕事は生きていく上で重要な要素ですがそれ以前に身体が一番の資本で、身体を壊してしまっては元も子もありません。

転職先がブラックになりにくい転職の方法も紹介しているのでこちらを参考にしてみてください。
「時間がない…」という人向け・おすすめの転職活動方法

 

自分は転職してもいいのだろうか?という人

前述の場合は明らかに「ヤバイ」というケースですが、そこまでひどくない環境ではあるものの転職したい、という場合はどうするべきでしょうか。

転職相談サイトなどを見ていると「こういう人は転職するな!」「こういう人は転職すべき!」とか色々なことを書いていますが、個人的には自分が転職したいと思って行動に移した時は「転職するべき時」なのかなと思っています。
私はそういうタイプで、ある程度は耐えますが、ある時、糸が切れたように違う行動(ここで言うと転職ですね)をします。
私はそれが自分のあるべきタイミングだったのだと勝手に思っています。

おそらくこれを読んでいる人は「転職してももしかしたら成功しないかもしれない」とか「転職先も良くないかもしれない」という不安を持っているのでしょう。
考え方の問題なのですが「今の職場がよくなることに賭けてみる」か「新しい職場がよくなることに賭けてみる」かの2択です。
今の職場に期待できないのであれば新しい職場に期待してみるしかないのではないでしょうか。
ネットに書いてあることを鵜呑みにして成功するパターンもありますし、失敗するパターンもあります。ただそれらの情報はあなたの人生に責任をとってくれるわけではなく、最終的には自分でどうにかするしかないのです。
自分自身がどうしたいのかをじっくり考えてみると良いでしょう。

余談ですが転職の際に何度も読んだ水野敬也さんの「転職」という話があります。
非常に面白いので是非一度目を通してみてください。
水野敬也のウケる日記「転職」

2004年の記事ですがとても面白いし今振り返ってみても真理だなと思います。

まずは一歩踏み出してみるところから、です。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。