「転職を天職探しの場所にしたい」ということについて。

転職活動を始める人の多くが「今度の転職で天職を見つけよう」と思っていることでしょう。誰だって今の環境を変えてみたら次の環境がベストだったとしたいものです。

そこで今回はこの「転職を天職探しの場所にしたい」という話について私の考えをまとめてみました。
(※今回はあくまで私個人としての考え方ですので読者の方には一意見として考えていただけますと幸いです)

 

他人や世間の評価に振り回されない

一番最初に覚えておかなくてはいけないが「他人や世間の評価に振り回されない」ということです。

「自分は自分の評価軸で動いている」という人は多いですが実際はそうでもないということもちらほら。
例えばこんな事例。

誰もが羨むような大企業に行きたい」
同級生と比べて年収を多く稼いでいたい」

どちらも「誰かと比べて勝ったら」「誰かに評価されたら」満足する欲求です。
これはこれで自然な承認欲求なものの、誰かに評価されないと満たされないというのは案外つらく、今後延々と他人の目を気にしながら生きていくことになります。結構しんどいです。

「自分以外の誰かが存在しないと満たされない」という考え方があるのであれば一度捨て去って、自分自身の中で何が一番納得できることなのかを考えてみましょう。

 

徹底的に動いてみることが究極の方法

「自分自身がこうしたい」と考えることがあったら、あとはひたすら行動をします。
ここが一番難しいところです。

水野敬也さんの「転職」という話の中に自分が納得行かない仕事はすぐに辞め、次に行って辞め、を繰り返し自分の天職を見つけるという女性が出てきます。

参照:水野敬也のウケる日記「転職」
※もしこの感じにトライできる人はトライしてみた方がいいでしょう。

自分が本心からいいと思える職を見つけるのは究極的には数をこなさないと見えてこないのではないか、というのが私の本心ですが、現実問題として「仕事を転々として合わなかったら次、合わなかったら次」とやっていってしまうと転職ジプシーになってしまい、将来的に行き先がなくなってしまうなんてことも考えられます。

徹底的に頭の中で考えて職選びをするなんていう方法もあるものの、実際にはやはり仕事に就いてみないとわからないことがほとんどです。

 

自分の天職を身近なところから掘り下げていってみる

究極的には徹底的に動くのがベスト、ただ、転職はすればするほど将来的なリスクが高まってくる・・・となるともはや動きようがなくなってしまいますね。
そこで私の考える方法は2つ。

  1. 小さく始めてみる
  2. 今の仕事の楽しいことを探してみる

ひとつめが「小さく始めてみる」ということ。
自分が「これは面白いのではないか」ということがあるのであれば手の届く範囲で始めてみること。
今やネットでも個人活動が色々と出来るような時代なのでネットを活用した活動をすること。例えば音楽の出版社に勤めてみたいといったような夢があるのであれば、自分が音楽の出版社でやりたいようなサービスをウェブ上で展開してみたり、実際に音楽の出版社で働いている人とつながったりして少しでもその業界に足を突っ込んでみる。働かなくても業界に触れることは出来ます。

もう一つが「今の仕事の楽しいことを探してみる」ということ。
転職したものの辞めた会社に戻りたいと思う人も案外多くいるもので、転職したいと思った時には嫌で嫌でしょうがなかったという人も一旦外に出てみると前職が良かったなんてこともあります。
要するに嫌なことばかりに目が行き過ぎて今近くにある楽しいことに気付けていないんですね。
自分が今やっている仕事でちょっとでも楽しいことを見つけられるのであればそこを掘り下げていって自分の専門性を深めていくというのも手段の一つです。

こうして考えながら行動を繰り返していくうちに「自分の中の天職」が明確になっていくはずです。

転職活動1回だけで自分の天職を見つけるというのはかなり運に左右される部分があります。
将来のリスクを顧みず転職を繰り返せる人でなければ、自分の動ける範囲内で小さな一歩を踏み出していくことを繰り返していくといいでしょう。


コメント投稿は締め切りました。