転職に対して罪悪感を持ってしまった時に考え直したいこと

転職活動をしようと思った瞬間、あるいは在職しながらの転職活動をしている際に急に出てくる罪悪感。

「残っている同僚に自分の持っていた仕事がそのまま引き継がれ負担が増えるのではないか?」
「在職中に転職活動をしている自分は同僚を騙しているのではないか? 裏切りなのではないか?」
「自分にしか出来ない仕事なので職場に迷惑がかかるのではないか?」

色々なことを考えているうちに「転職活動=悪」のような気持ちになってしまい、ネガティブな気持ちになり、よりストレスを抱えてしまうなんてことも。
今回はそんな人に向けて心を一度鎮めるために考えてほしいことをまとめてみました。罪悪感で胸が一杯になって落ち着かないという人は参考にしてみてください。

 

自分が会社を辞めても会社は潰れない

転職活動中に罪悪感を抱えてしまう人の特徴として「他人に気を遣いすぎていること」が挙げられます。
特に忙しい会社で働いていて「人が一人でも辞めてしまうと仕事を回すのが難しくなる」といったような状況下の人に多いです。

結論から言ってしまうと、あなたが会社にいなくても会社が潰れることはありません。

もちろん元々あった仕事を会社に残っている社員に振るのであなたの退職後、一瞬は周囲の人の負荷が増えることもあるでしょう。
ただし、通常の会社であれば、新しい人を採用する、無駄な仕事をなくすなど何らかの対策を取ります。
(対策を取らない会社もあるにはありますが、そういう会社は次々に人が辞めていくなど縮小傾向は避けられません)

多くの人があなたと同じような環境の中で転職をし、それでもほぼ全ての会社は一人の人間の転職や退職で潰れたりはしないので気にしないことをおすすめします。

 

転職活動は必ずしもしなくてはいけないものではない

「自分が辞めても会社は潰れない」という前提がありつつもやはり転職活動を躊躇する人はいるでしょう。

転職活動を躊躇してしまう人は「自分がなぜ転職を思い立ったのか」を今一度思い返してみてください。
「自分の夢を追い駆けたい」といったようなポジティブなものでも、「残業を減らしたい」といったような一般的にはネガティブとされるものでもなんでも構いません。思いつくままに大きい紙に書き出してみましょう。

一通り書きだした後に、転職と天秤にかけてみてください。

改めて自分が転職を思い立った理由を書き出してみて「やっぱり転職をしなければ」と思えば転職活動を続けるべきですし、そうでないのであれば転職活動を途中でやめてしまっても構いません。
自分の人生においてどちらの方が重要なのかという話なので、「今は転職しなくてもいい時期だ」と思えばそれはそれで問題ありません。(実際に私も一度転職エージェントに相談してから転職を途中でやめたという経緯があります)
今転職しなかったとしても将来またその時期が来るかもしれませんし、あるいはこの先、転職をせずに現職に就いたまま幸せな生活を送れるようになるのかもしれません。

それらすべての選択はあなたに委ねられています。

一度始めた転職活動でも実際に行動してみて「やっぱり時期じゃない」ということも往々にしてあるので、無理そうだったら気軽にやめましょう。逆に転職をするのであればそのまま迷わず突き進みましょう。自分自身の気持ちに正直になることが重要です。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。