採用の決め手になることもある。転職活動時の靴の話。

身だしなみの中でも油断しがちな「靴」。
私の知り合いの話で「靴」が合否の分かれ目になったという話があるので紹介します。

面接時の身だしなみについての話は以前まとめましたのでこちらを参考にしてみてください。
(参照:現役の面接官が語る転職の面接にふさわしい、もっとも基本的な服装

 

採用の決め手になった「靴」の話

知り合いの採用担当者の話です。

会社で採用面接をしていて、同じように能力の高い人が二人いました。
仮にAさんとBさんとしましょう。
二人とも経歴を見る限りは前職で非常に良い仕事をこなしていて、実際に面接をしても受け答えもはっきりしており、自分の将来のビジョン・転職の動機・志望理由など明確です。
その面接は1次面接だったので二人とも2次面接に進んでもらいました。

2次面接を担当している上司に「かなり甲乙をつけがたいと思いました」とあらかじめ伝え、2次面接を実施。
面接終了後に上司から聞いたのは「同じような能力だけどAさんの方が仕事ができるんじゃないかと感じた」という言葉。

もうおわかりかと思いますがその上司が見ていたのは靴。
知り合いの担当者は靴まで見ていなかったのですが、上司の方が言うにはBさんの靴はくたびれていてやや汚れ、Aさんの靴は使い古されているもののよく手入れをされていたとのこと。
この面接ではAさんが採用される運びになったようです。

もちろん「靴が綺麗だから採用された」というわけではありませんし、靴以外にもいろいろと決め手になる要素もあったのだと思います。採用基準に達した能力がある、というのは大前提です。

ただし、決め手の一つになるのであればそこはしっかりとしておきたいところですよね。
この例で言うとBさんは能力も高く評価されていたのに靴のメンテナンスを怠ったことが一つの要因で不採用となってしまったわけです。

特に年配の方ほどそういった部分までよく見ているので、面接が進めば進むほど重要になってくるとも言えるでしょう。

 

一般的な靴は黒。手入れをしっかりとすること

高い靴を購入する必要はありません。
値段はそこそこでもきちんと手入れをしていること、清潔感を保っていること、スーツに合っていることが重要だと覚えておきましょう。

転職活動の際の基本的な靴の身だしなみは以下の通り。

(男性)

  • 黒の革靴(紐靴の方が好ましい)
  • 黒のソックス(白や柄物、くるぶしソックスは避ける)

ダークブラウンなどの靴でもNGというわけではないですが黒が一番無難です。
またソックスは面接で座席についた際に非常に目立つので黒、そして丈なども短すぎないようにしましょう。スーツの裾から肌が見えていたりすると非常にみっともないです。

 
(女性)

  • 黒のパンプスでヒールが高すぎないもの

女性の場合は黒パンプスが一番無難でしょう。
ハイヒールなどは華美な印象を与えることもあるので避けた方が好ましいです。

面接前の最終チェックとして自分の靴を見直してみましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。