安定企業を求める転職はそろそろ終わりを迎えているのではないか?

景気のことや老後のこと、将来のことなどを考えていると悪いニュースや暗い話ばかりが耳に入ってきて不安になってきますよね。
若い人にも「公務員になって安定した生活をしたい」と考える人が増えているとか。

そして転職市場でも安定企業を求める求職者が多く、これを読んでいる人の中にもおそらく安定志向の人が多いでしょう。
しかし、安定志向の人は今の時代に「安定」は本当にあるのかというところから考えてみてもいいかもしれません。

別に不安を煽りたいわけではなく、「元々安定なんてものはない」と考えることで、視界を広げ、足場をより固めた将来の設計ができるということを知ってもらいたいです。

 

「安定している企業」の特長は本当なのか

「安定している企業」の指標とされるのは「創業年数」「営業利益」などと言われています。

「起業しても10年残る会社は1割」と言われるように10年以上経営が続いているのであれば指標の一つとなります。
営業利益も同じく、黒字であれば今すぐ潰れるということはないでしょう。

その一方でこれから先どうなるかというのは非常に難しい問題です。

例えば1989年(26年前)の時価総額ランキングを見てみましょう。

  1. NTT
  2. 日本興業銀行
  3. 住友銀行
  4. 富士銀行
  5. 第一勧業銀行
  6. 三菱銀行
  7. 三和銀行
  8. トヨタ自動車
  9. 東京電力
  10. 野村證券
  11. 長期信用銀行

(参照:1989年の日本の時価総額ランキング上位100社は今どうなっているのか

ほとんどの会社名を見たことがないという方が多いのではないでしょうか。
それもそのはずで、これらの一昔前の時価総額上位の会社は合併・経営統合をしたり、経営破綻したりしています(長期信用銀行は1998年に破綻)。

「創業年数」が長かったり「営業利益」が大きい会社であれば、数年単位でいきなり経営破綻するということはないでしょうが、長期的に見ると永遠に安定している企業がないということがよく分かります。

 

安定した会社で平和な気分で過ごすリスク

こういう背景を抜きに考えて、とりあえず数年は破綻しないであろう会社に入って「これで安定だ」と考えてしまうのが一番のリスクです。
今やどんな会社が潰れてもおかしくない時代なのです。

そして「安定」という幻想に寄りかかってしまって何もしてこなかった人がリストラなどの憂き目に会い、スキルを身に付けてこなかったので転職先も見つからないということがテレビなどでも報道されているように現実問題として存在しています。

「安定」を追い求めてしまう危険性はここにあって、その時は安定していても企業が将来ダメになってしまった時に世の中を生き延びるサバイバル能力が身についていないことが多いのです。

 

「安定」をなかったものにすることでこんな視野が広がる

繰り返しになりますがどんな企業であれ潰れる可能性はあります。

今重要なのは、自分が今いる会社が潰れても「一人で生きていける能力」や「他の人に重宝される能力」です。
もちろんそれは企業の規模や肩書などではありません。

何故こんな話をしているのかというと「会社が潰れても生きていける能力」を常日頃から考えることで個人の能力が飛躍的に上がるからです。
日々の仕事の中でも「今自分がやっている仕事は会社がなくなっても使えるだろうか」「使えないならどうすれば使えるようになるのか」と考えると視野が一気に広がります。
転職についても同じで「安定企業なんかない」「この会社でこの技術を学べば他の会社でも、一人になっても生きていくことができそうだ」と考えると一気に選択肢が広がります。

転職の際には「安定」とは別の軸を探してみることもおすすめします。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。