転職面接の後のお礼状は送るべき?

「転職の面接を終えた後にお礼状を送るべき」といったような話を聞くことがあります。
普段お礼状といった形式張ったものを書く機会はあまりないので、「どういった書き方をすると失礼ではないのか?」「ビジネスマナーは?」「お礼状で書いてはいけないことは?」など分からないことが多いというのが転職者の正直なところでしょう。

今回はそのお礼状についてまとめてみました。
今まさに迷っている人は目を通してみてください。

 

お礼状を書く理由

一番最初に「お礼状を書く理由」については大きく二点。

  • 忙しい中、時間を割いてもらったことに対してのお礼
  • 面接を受けてますます入社をしたくなったという気持ちを伝える

「お礼状」という名の通り、感謝の気持ちを補足的に、シンプルに伝えるものになります。
お礼以外の要素を多く含めないことがポイントです。

 

お礼状が採用に有利に働くことはかなり稀なケース

お礼状を書くかどうか迷っている多くの人の心境として

「採用に有利に働くのではないか?」

というものがあります。

結論から言ってしまうと、お礼状が採用の合否に関わることはほとんどありません。

「ほとんど」と書いたのは、企業の面接官が採用するかしないかを非常に迷っている場合に決めの一手になる可能性がある、というものです。
ただ、実際の現場の肌感からすると「内定を通知するか迷っているような時は不採用」ということが多いので、お礼状が運命の分かれ道になるようなことはほとんどないといって問題ありません。

ちなみに私はかなりの人数を面接してきましたが一度も受け取ったことがないので、今はおそらく一般的なものではないのでしょう。

※会社によってはそういった礼節を重んじるところもあるかもしれないので、そのあたりの温度感は転職エージェントの担当者に聞いてみてください。

 

お礼状が採用に不利に働くケース

「お礼状が採用の合否に関わることはほとんどありません」と記載しましたが、逆にマイナスになるようなケースもあります。
例えば以下のようなもの。

  • 誤字脱字が多い
  • お礼状のマナーを外れている
  • 面接で言い残したことを追記する(長々とアピールする)
  • 面接の際に失敗したことをフォローする

礼儀正しく振舞っているつもりがマナーを間違えてしまうと印象を悪くしてしまう可能性もあるわけです。
あくまで「お礼」だけの簡素なものにしましょう。

またネット上の求人サイトなどにサンプルが出回っていますが、厳密には「どの段階の面接なのか」など、その時の状況に応じて書く内容も微妙に変える必要があります。(真剣にお礼状を出そうとすると割と神経を使います)

分からない場合、エージェントの担当者等に相談してみましょう。

ただしほとんどの場合、出さなくてもいいものです。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。