「今の仕事があまりにも激務なので転職したい」という人は…

ここを読んでいるあなたはおそらく「今の会社があまりにも激務なので転職したい」という人だと思います。

私はあなたの状況を詳しくは知りませんが、率直に言うと、辞めたいと思ったらすぐにでも辞めるべきだと思っています。
というのも私が前職(飲食業)の激務に耐えられず異業種に転職をし、普通の仕事にありつき「ああ、世の中にはちゃんと休める仕事があるんだな。我慢なんかしていないでもっと早く転職活動しておけばよかった」と思ったからです。

一方で「でも・・・」と躊躇する気持ちも分かります。
そこで今回は躊躇する理由としてありがちなことについて説明をしていきます。

 

入社したばかりで、今辞めると期間が短すぎて転職しづらい

辞める前から次の転職先のことを考えている人がいます。

もちろん就職してから辞めるまでの期間が短いと転職は相対的に不利になることが多いです。
ただ、それ以上にリスクなのは「せめて3年は続けてみよう」というような目標を立てて無理に無理を重ねた結果、精神的に参ってしまって睡眠障害やうつになったりすることです。そうなってしまうともはや転職が云々という話ではなくなってきます。

もちろん「余裕で耐えられる」ということであれば頑張ってみることもひとつの手段ですが、絶対に自分を騙して頑張り過ぎないようにしてください。

「自分の身体」>「転職活動の有利不利」という優先順位をつけ間違えないようにしましょう。

 

「そんな人は他にもたくさんいる」という謎の比較

自分の激務について誰かに喋ったり相談した際に、相手が悪いとこんなことを言われます。

「そんな人は他にもたくさんいるよ」
「私の職場の方がもっとつらいよ」

こういったことを言われるとなんとなく「自分の頑張りが足りていないだけなのかな?」なんて思ってしまいますがそれは間違いです。
誰か他の人もつらいから自分がつらくないわけではない。
他の人が我慢できるから自分も我慢できるわけではない。

「つらいかどうか」「我慢できるかどうか」は全てあなた次第です。

世の中には残業を100時間しても全然平気な人もいれば、10時間の残業をかなりの苦痛と感じる人もいます。ましてや今のあなたがおかれている状況は「激務」。おそらく労働基準法の範囲を超えていることもあるかと思います。
そんな状況は他人が耐えられようとどうであろうと、あってはいけないのです。

他の人との比較は何の解決にもならないので気にしないようにしましょう。
「自分の気持ち」>「他人の気持ち」の優先度です。

 

次の職場をどうやって探すか?

転職は必ず在職中に次の職場を見つけるのが基本。

「休みがない」「時間がない」という問題については別のページ「忙しくて転職活動できないという場合、どのような方法をとればいいか。」でまとめましたので参考にしてみてください。

重要な事は「何としてでも在職中に時間を作り出す」「正確な情報収集をする」ということです。
なによりも自分のこと、自分の人生のことを最優先に考えて活動していきましょう!

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。