「転職の内定が決まるまでつなぎで派遣」という時に注意すべきポイント。

退職後に転職活動をしている人向けのお話です。
(※まだ退職をしていない人は原則、退職せずに転職活動をすることをおすすめします!)

退職後にすぐ決まるだろうと思いながら転職活動をしていたものの、実際にやってみたら全然内定がもらえずブランクだけが空いていくというのは良くある話です。
ブランクが開くと財政的に・精神的に、そして職歴としても厳しくなってくるので、内定がもらえるまでいわば「つなぎ」として派遣で働こうと考える人も多いでしょう。

その際に心配事になってくるのが、もし派遣で働いてからすぐに内定をもらった場合に「すぐ辞められるのか?」「ドラブルにならないか?」といったもの。
実際にトラブルになるような事例もあるので転職のつなぎとして派遣で働こうという際に気を付けたいことを紹介します。

 

トラブルを割けるために事前に派遣会社の人に転職活動をしていることを伝える

正社員になるまでのつなぎで派遣をしたいという人が注意しなくてはいけないことは一つ。

「事前に派遣会社の人に転職活動をしていることを説明する」ということです。

今回のようなケースで言うとあらかじめ「転職活動で内定を貰えたらなるべく早めに辞めたいです」ということを伝えます。
そうすると派遣会社の人もその前提を元にして短期間の勤務先や、替えの利きやすい仕事を振ってくれます。

「転職活動をしている」ということを一言伝えるだけで多くのトラブルが防げます。
ここを伝えずに派遣で働いて内定が決まったのですぐに辞めるとなってしまうと、まず派遣会社の人と派遣先の人に迷惑がかかります。
派遣会社の人は「特定の期間働ける人」として派遣先の会社にあなたを紹介しているので、すぐに退職するとなると派遣先の会社からクレームが入ります。
そうなると派遣会社からの強力な引き止めに会い、なんとか強引に辞めることができたとしてもお互いに後味の悪いものになってしまったり、最悪の場合、派遣先の就業規則等で縛られてすぐに退職できず、退職までの期間が伸びてしまった結果、決まった内定も取り消しなんて事態にもなりかねません。

このようなトラブルにならないように、必ず事前に派遣会社に転職活動中である旨伝えましょう。

 

実際にやってみると心身的に厳しいこともあるので余裕を持った働き方を

また派遣で働いて定時に帰ってそこから転職活動…というのも想像すると行動しやすそうですが実際には心身ともに疲弊します。

「つなぎで派遣を」と考えている方の多くの方は財政面でも厳しくなってきているという人が多いですが、フルで働いてしまうと疲労困憊して転職活動に取り組む気力が薄れてしまったり、転職活動が上手くいかなかった時の心の疲労も大きいです。

疲弊し過ぎないように自分の身体のケアは常に注視しておきましょう。ちょっと余裕のある条件くらいで働く方が転職活動と掛け持ちしやすいのでおすすめです。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。