私が飲食業を退職した理由

サイト名にもある通り私は「元」飲食店店長なので、現在は既に辞めてしまっています。
辞めたのも割と前になるのですが、当時を振り返ってみて辞めた理由などを書いてみます。

大きくわけて「労働時間の問題」「将来の話」という2点が自分の中でのポイントでした。

 

労働時間の問題

労働時間観点で見る飲食業(飲食業界)はブラックか?の判断」でもちょっと書いたのですが、最後に在籍していた地域ではいろいろな店舗の人員がかなり少なかったというのが現状でした。
そんな中で、たまたま私の持っていた店舗は人員がそれなりにいたのですが、他の店舗で相当数の人数が足りていない状況となっていました。
自分のお店のことだけを考えてるのであれば問題ないのですが、チェーン店ということもあり地域の強力が必要です。
※逆に人員不足というのは人が集まりにくい地域など単純に店長の問題ということではないことも往々にしてあります。

そして地域のバランスを取ろうとヘルプに出ていた結果、労働時間数は膨れ上がり、休日も月に数日ということが増えてきました
これはあくまで一つのきっかけにすぎないですが、やはり考えるものがありました。

 

将来の話

労働時間の問題に平行するのですが「将来、自分が子供を持った時にこの仕事が続けられるかな?」と考えたのもきっかけの一つでした。

飲食店の場合、一般的な土日というのはほぼ関係なく(むしろ場合によっては稼ぎ時ということも)いついかなる時も働かなくてはいけない可能性があります。
例えば日曜日に子供の運動会がある、授業参観がある、となった時に参加できるかなとか。
おそらくイベント事には事前に上長に事前に相談して地域内で調整してもらうことは可能なのでしょうが、そのイベント事の最中に店舗で問題が起きたらどうしよう、とか、そういうことを考えるとちょっと自分にとって先が厳しそうだというのがありました。

あとは単純に当時は20代の後半くらいで体力が続いていたものの、30代、40代になった時に上手くやっていけるだろうかという懸念もありました。
上手くいって本社に異動になれればいいものの、そうではない場合にずっと店舗で働き続けられるかなと。

 

ただし、続く人もいる

退職の話ということもあり、割とネガティブな理由をつらつらと書いてしまいましたが、当然「飲食業=悪」というわけではありません。
退職してから数年経ちますがまだ続いている人も普通に何人もいますし、家族や子供を持ちながらも生活している人もいます。

向き不向きの話もあるのでしょうがどれくらい飲食業を好きか、というところなのでしょう。
結果論で言うと私は向いていなかった事になります(汗

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*