女性が飲食店の社員として働きたい!と思った時の注意点

飲食業の社員として働きたい!と考えている女性は多いのではないでしょうか。ただ、「実際に働けるか不安」「女性で店長をやっている人っているのかな?」などの考えもあるかと思います。

そこで今回は「飲食業で社員として働いてみたい」と考えている女性の方に知っておいた方がいいポイントをまとめます。飲食業にトライしてみたい女性の方は参考にしてみてください。

 

活躍の環境は準備されている

まず「女性で店長をやっている人っているのか?」という疑問についてですが、女性店長として活躍している人は多いです。
私が飲食で働いていた時も女性で何店舗かを兼任しているという人がいました。

飲食業の仕事は個人の創意工夫で店の売上を上げるということができるので、その点で言うと性別関係なく活躍の環境があるといえるでしょう。

 

体力があることが重要

活躍できる環境がある、という反面、飲食業は非常にハードな仕事です。
例えば24時間営業の会社であれば、朝に仕事をしたり、深夜に仕事をしたりと生活のサイクルが振り回されることも多いです。
女性は男性と比べて身体がデリケートなことが多いので、まずこのへんで体調を崩してしまう人も私の周りにも少なからずいました。

勤務形態の点で一般的なデスクワークとは違った厳しさがあることも覚えておくとよいでしょう。
体力があることは大前提です。

 

毅然とした態度が取れることが重要

女性で店長をやっている人もいますが、全体の母数からすると一般的にはまだまだ少ない状況です。
そうすると最初に上司として当たるのが男性ということが多いです。
飲食業はどちらかというと体育会系のノリなので「上司の言っていることが厳しすぎる…」と感じる女性も少なくありません。
まず一番最初の壁になるのがそこかもしれませんね。

そして何年かかけて店長になったとしましょう。店長になると自分のことだけではなく周囲のアルバイトの管理をしなくてはいけません。
アルバイトの中には社員に対して反抗的な人もいるので、そう言う人に対してきちんと毅然とした態度で臨める心が必要です。
これはクレーマーに対しての対応でも同じようなことが言えます。

こういう流れもあってか、私が知っている女性店長は全体的に気が強い人が多かったなーという印象です(笑)

気が強くなくてはいけないというわけではないですが、どんな人間に対しても言うべきことは言える、そんな人が理想的です。
これはもちろん男性でも一緒なのですが。

 

まとめ

要約すると「強い心」「体力」の2点となります。
あくまで平均的な男女間の身体的・精神的に異なる差異の問題ですが、どちらかというと男性向きな仕事の印象があります。

とは言っても前述のとおり、女性店長として活躍している人も多くいるのでやってみたいという方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。