「転職したい」と思いつつもズルズルと現職にいる人はどう考えるべきか?

「もうこんな仕事イヤだな」「そろそろ辞めどきかな」と考えながらもなかなか辞められず、気が付いたら数ヶ月〜数年会社に勤務しているという人、いますよね。

私も割とそういったタイプの人間で、不満を持ちつつも、退職を申し出る勇気もなくズルズルと現職に居座ってしまうタイプです。
前職の飲食業も入社当初から労働環境がおかしいと思いつつも結局5年以上居続けたので、筋金入りのズルズル型と言えるでしょう。

この「ズルズル型」の人は日々悶々としながら過ごすことが多いです。
今回はまさにズルズル型の私が転職する際の考え方のポイントをまとめました。
辞めようと思って時間だけが過ぎていくことに嫌気が差しているような人は参考にしてみてください。

 

「転職に踏み出せない自分」は別に悪ではない

離職率が高い職場だと「転職したら勝ち組」のような空気が職場に漂っていることがあります。
その際に「転職に踏み出せない自分は勇気がなくてダメなのかもしれない」などとネガティブに考えてしまいがちです。
ただ、ここで間違ってはいけないのは「転職=正義」ではないということ。

周囲の人が転職をしているとあたかも転職をすることが正しいかのような錯覚に陥ってしまいますが、在職して仕事を続けることも立派なことです。
また不満を持ちながら働いていて「いつか転職してやろう」と思いながらズルズル居続け、気が付いたら現職の面白さに気付いて、そのまま活躍し続けるという人もいます。(私の飲食の同僚でも結局転職せずにどんどん出世していった人もいました)

「転職にどうしても踏み出せない」という場合には、「今は踏み出すタイミングではない」と肯定的に考えて問題ないでしょう。

 

行動できたタイミングが転職のタイミング

「それでもやっぱり転職をしたい」「でもやっぱり踏み出せない」という人もいるでしょう。
そういう人の転職タイミングはいつなのでしょうか。一体どのように行動すればいいのでしょうか。

冒頭に書いた通り、私自身がかなりのズルズル型の人間なのでその立場から言うと「行動したタイミングがあなたが転職をすべきタイミング」です。

具体的に言うと転職エージェントや求人サイトの申し込みフォームが目の前にあってそこに入力を出来るか出来ないかが分かれ目でしょう。
転職サイトの場合は「登録しただけで結局応募しない」ということもあるので流れを一気に変えたいのであれば転職エージェントに申し込むことをおすすめします。

念のため同じようなことを書きますが「申し込みが出来ることが素晴らしい」ということではなく、「申し込みができたらあなたにとっての転職のタイミング」ということです。そこには良し悪しはありません。
自分が「動こう」と決意して、実際に行動できたタイミングがあなたの転職のタイミングと言えるのです。

タイミング云々とは別に転職は歳を取れば取るほど段々とハードルが上がっていくので、「タイミングではない」としつつも早めの行動をした方が転職市場では有利に働きます。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。