【最新版】日本の平均年収を「民間給与実態統計調査」から読み解く

平均年収を調べようとすると様々なサイトで様々なばらばらの情報が出てきて「実際の平均年収って一体どれくらいなの?」と思ってしまいますよね。
年収のデータを取るにしても、どういった分類の人からデータを取っているのかを明確にしないと全く意味のわからないものになってしまいます。

今回は国が発表している「民間給与実態統計調査」(2015年)という調査データから日本の平均年収を各カテゴリに分けて読み解いていくことにします。

参考:民間給与実態統計調査 年度別リンク|統計情報|国税庁

国が調査を行って発表している情報なので、信頼性は高い情報です。

※調査の対象者は民間事業所(源泉徴収義務者)に勤務している給与所得者が対象。民間事業所対象なので公務員は対象外です。

 

年度別平均年収の推移

2005〜2015年までのデータです。

nendo

平均年収
2005年 437万円
2006年 435万円
2007年 437万円
2008年 430万円
2009年 406万円
2010年 412万円
2011年 409万円
2012年 408万円
2013年 414万円
2014年 415万円
2015年 420万円

おおむね400万円前半を推移していますね。
2009年に一旦落ち込んだものの、ここ数年(2013〜2015年)は上昇している傾向にあります。

 

年齢別平均年収

次に年齢別です。

nenrei

年代 平均年収
19歳以下 132万円
20〜24歳 253万円
25〜29歳 352万円
30〜34歳 397万円
35〜39歳 432万円
40〜44歳 461万円
45〜49歳 486万円
50〜54歳 509万円
55〜59歳 491万円
60〜64歳 372万円
65〜69歳 301万円
70歳以上 304万円

50〜54歳で平均年収のピークを迎えます。
このへんは従来の年功序列制度の名残なのかなと思っていて、今後は少し様子が変わってくるのでは…と読んでいます。

 

年齢別平均年収(男性)

年齢別平均年収(男性)です。

dansei

年代 平均年収
19歳以下 158万円
20〜24歳 271万円
25〜29歳 383万円
30〜34歳 451万円
35〜39歳 510万円
40〜44歳 567万円
45〜49歳 626万円
50〜54歳 670万円
55〜59歳 652万円
60〜64歳 479万円
65〜69歳 378万円
70歳以上 368万円

50代前半で670万円とピークを迎えます。
やはり前述の通り年功序列の名残は大きそうです。

 

年齢別平均年収(女性)

年齢別平均年収(女性)です。

jyosei

年代 平均年収
19歳以下 103万円
20〜24歳 233万円
25〜29歳 306万円
30〜34歳 307万円
35〜39歳 299万円
40〜44歳 294万円
45〜49歳 292万円
50〜54歳 296万円
55〜59歳 278万円
60〜64歳 220万円
65〜69歳 194万円
70歳以上 217万円

男性と比較すると低めになっているのがわかります。
30〜34歳の307万円がピークになっており、あとは下降傾向です。

こちらも現在女性の社会進出がどんどん進んでいるので数値的には上がっていく方向になるのかなと思います。

 

都道府県別平均年収

最後に都道府県別平均年収です。
こちらは同じく厚労省「平成27年賃金構造基本統計調査 結果の概況」より抽出しています。

年代 平均年収
北海道 265.5万円
青森県 235.5万円
岩手県 235.9万円
宮城県 279.9万円
秋田県 235.8万円
山形県 241.4万円
福島県 263.6万円
茨城県 298.9万円
栃木県 290.5万円
群馬県 283.1万円
埼玉県 304.4万円
千葉県 306.0万円
東京都 383.0万円
神奈川県 335.1万円
新潟県 259.9万円
山梨県 284.2万円
長野県 276.2万円
富山県 269.6万円
石川県 274.0万円
福井県 269.6万円
岐阜県 275.6万円
静岡県 287.6万円
愛知県 315.2万円
三重県 291.1万円
滋賀県 292.7万円
京都府 308.8万円
大阪府 327.1万円
兵庫県 298.8万円
奈良県 290.2万円
和歌山県 275.0万円
鳥取県 240.5万円
島根県 252.5万円
岡山県 280.8万円
広島県 282.9万円
山口県 267.8万円
徳島県 272.5万円
香川県 273.2万円
愛媛県 257.5万円
高知県 257.7万円
福岡県 274.7万円
佐賀県 247.1万円
長崎県 250.7万円
熊本県 259.0万円
大分県 253.0万円
宮崎県 238.1万円
鹿児島県 253.3万円
沖縄県 237.2万円

都市部が高めの年収になっているのが分かります。

 

一般企業の抽出しているデータとの乖離は?

ここまでまとめたものは国の調査データからの抽出です。
これを見て「一般企業が出したデータと全然違う」と感じる人がいるかもしれません。

例えば転職サイト・DODAの「平均年収ランキング2015」というデータがありますが、国のデータと比較してみるとかなり大きな違いがあることがわかります。

一例を挙げてみると…

30代の平均年収
(国)
30〜34歳:397万円
35〜39歳:432万円

(DODA)
30代平均:456万円

あきらかにDODAの方が多いですね。
これは調査対象としているデータが異なるために出てくる差異です。

DODAのサイトによると「2014年9月~2015年8月の1年間に、DODAエージェントサービスに登録した約22万人のデータ」とあるので、DODAのデータは転職エージェントサービスを利用している人が母体になっていることがわかります。

ここで考えてほしいのは「データを抽出しているサンプルが違うから平均年収が違うのか、なるほど」ということだけではなく、「みずから転職エージェントを使ってより良い職場を探そうとしている人の年収は高い可能性がある」ということ。
ひとつの企業に勤めることが悪いというわけではなく(※)、年収をアップさせようと思ったら転職を一つのステップとして使うのが早いという現実が分かる事例です。
※あくまで年収ベースで考えるとひとつの企業で働いていると大変なことが多いという一般論で、ひとつの企業で勤め上げることは感情的には素晴らしことだと思っています。

もし自分の年収と平均年収を比較してみて「もっと自分の年収をあげたいな…」と感じたら転職を視野に入れてみてもいいでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。