新卒入社して初めてのクレーム。言葉遣いを誤って叱られるという失敗談。

新卒で飲食店に入って初めてのクレームの話です。
おそらく飲食店に限らずどんな仕事に就いていてもクレームなんか山のようにあるので事例としては特殊な話ではないのですが、当時非常にショッキングな出来事の一つだったので紹介します。

 

クレームの電話、からのクレーム

働いていた時に、店舗に一本の電話がかかってきました。
私が対応し、まあ内容としては「お釣りが間違っていた」とかそんな話だったと思うのです。
もちろんそれはそれできちんと対処しなくてはいけないことだったのですが、おそらくそのお客様の言い分がちょっとづつずれていったとか、ヒートアップしてきて話が全然関係ないところにいっているとかそんな感じになっていったわけです。

そこでちょっと話の趣旨を戻すだったか、その指摘がちょっとずれていたところを修正しようとしたのかなにかで

「あ、いや、あのですね

と言ってしまいました。(今考えると大失態ですね)
これが火の中に巨大な油の塊を放り投げるような形になります。

「お前、客に向かって『あのですね』とは何だ!」
「今からそっちに行くから今すぐ店長を呼んでそこで待ってろ!」

この部分だけ衝撃的だったので覚えているのですが、おそらく休みだったであろう店長に電話をかけ、お店に呼び出し(この苦労は後で分かるようになります)、店長に店で待機してもらうという結果に。
結局、そのお客様はお店にいらっしゃらなかったので話はそこで終わります。

 
店長に事の経緯を聞かれたので説明をすると

「あのですね、なんていっちゃダメだよw」

と笑って言われました。
当時はどこが悪いのかすら分からなかったのですが、社会に出ていない新卒がやってしまいがちな痛いミスですね。書いてても赤面するくらい恥ずかしいですw

 

まとめ

今回の記事は単純に思い出話、兼、昔の笑い話です。
もし新卒の方で初めてのクレームをもらっていて衝撃的に落ち込んでいる人がいたら

「将来的に全然違うレベルのクレームや、ミスをやらかすので安心していいよ」

という言葉を捧げたいと思います。
誤解を招かないように補足するともちろんミスもクレームもない方がいいです。
ただ、飲食店で働いている以上、そんなことは99%ありえないと私は思います。

反省は反省できちんとして、今後に活かしておくべきだと思いますが自分自身を見失わないようにしましょう、という締め方で今回は終わりたいと思います。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。