【2016年】ゴールデンウィークに仕事で休みなしという状況に不満を持っている人はいつまで耐えるのか。

5月です。ゴールデンウィークです。2016年は比較的大型の連休となっているところも多いようですね。
多くの社会人は休みとなりますが、ここを読んでいる人の中には「うちの職場は休みじゃない…」という人も多いのではないでしょうか。

一般的に大型連休と言われているものの、世の中にはゴールデンウィークとは言え休めない仕事があります。
私が転職前に勤めていた飲食店もそうですし、病院など生活を支えてくれる職場、アパレルなどのサービス業、旅行業界、あるいはただのブラック企業などいろいろな環境があるでしょう。
結婚している人であれば、夫や妻が出勤で連休が取れないという人もいるかもしれません。

休めないという不満が心の中でくすぶりつつも、どこかで愚痴をいって我慢するという人はこの機会にこれから先のことを考えてもいいのでは…と思い今回の記事を書いてみました。
ぜひこの記事をきっかけに現状の不満から抜け出す方法を少しでも考えていただけたらと思います。

 

大型連休と仕事とどちらが自分の人生で優先か

まず最初に「大型連休と仕事とどちらが自分の人生で優先か」という話から。
「GWのような大型連休は取りたいものの、仕事を変えるまでの話ではない」という場合はここから先は読む必要はありません。
私はゴールデンウィークに休めない人を非難したり、「転職しよう」と煽ったりしたいわけではないからです。

今回、考えてほしいなと思うのは「別に今の仕事にこだわりがあるわけでもないんだけど、連休が取れないことには不満。でもアクションを起こすわけでもない」という人です。
私自身も前職時代に特にどうしても飲食業で続けたいと思っていたわけではありません。そしてゴールデンウィークに全く休めず何となく不満があったもののアクションを起こしていませんでした。

そして転職をしてきちんと休める会社に勤めているのですが、今思っていることとしては「もっと早くアクションしておけばよかった」ということです。

 

愚痴が出たらイエローカード

ネットで匿名掲示板や、Q&Aサイトを見ていたりすると「連休に休めない人、愚痴りましょう」といった書き込みを見かけます。
同じような境遇の人を探して「自分だけじゃないんだ」と心を落ち着かせたい心境なのかと思います。

このようにどこかに愚痴を書き込んだり、居酒屋などで休日が取れない環境について愚痴が口から出てくるようになったらイエローカードです。

愚痴が言葉にして出てくるようになっている時には心に結構なストレスが溜まっています。
そして不思議なものなのですが、不満不平を愚痴として言葉にすると自分の中に悶々とした気持ちが広がっていくことが多いです。
一般的に愚痴を言うと発散できると思われがちですが、実は心の膿となっています。ぜひ愚痴っている時に自分の心境を確認してみてください。おそらく「もやっ」とした気持ちが広がっているはずです。

ストレスを解消しているつもりが自分の心の中にストレスを貯め続けている状態になっているというわけです。

 

愚痴を言っても会社の環境は変わらない

一番の問題は「愚痴を言っても会社の環境は変わらない」ということに愚痴を言っている本人が気づいていないということ。
これは労働環境の問題に限ったことではなく、上司の愚痴でもなんでも同じです。不満は解決を生みません。

ではどうするべきかというと、すぐに考えられるのは以下3点です。

  • 我慢する
  • 会社の環境を自ら変える
  • 会社を変える(転職)

「我慢する」は居酒屋などで愚痴を言い続けながら「でもしょうがない」と済ませてしまうことです。連休を取れない環境から取れる環境へ実際に移り変えた身からするとその我慢の時間がもったいないなと思うのですが、本人の問題なので「それでもいい」という場合にはそれでもいいのかと思います。

「会社の環境を自ら変える」は今いる会社を変えてしまおうという考え方ですね。この3つの中では一番労力がかかると思われますが、達成した時の喜びはひとしおでしょう。そしてここまでの実行力があれば今後の社会人生活でも大活躍できそうな気がします…。

最後に「会社を変える」です。経験者としては一番手っ取り早く不満が取り除けると思います。経験者が語るおすすめの転職サイトなども載せておくので参考にしてみてください。
参考:おすすめ転職エージェントとクチコミ情報サイト一覧

■最後に補足です。
「会社を変えたり転職をしたりすることが素晴らしい」と言いたいわけではありません。人の生き方は人それぞれなのでそこに口出しするつもりももちろんありません。
ただ、愚痴を言うほどの不満がありながらそれを我慢し続けるのは精神的に不健康じゃないか、と思ったり、やっぱり実際に環境を変えてみて分かることがあると思うんです。
不満があってそれを変えたいというのであれば、少しでも何かしらのアクションを起こすことが大事なのでは…というお話でした。

あなたの環境が今よりも少しでも良くなりますよう。


コメント投稿は締め切りました。