残業代が出ない会社は当たり前なのかブラック企業なのか。

昨今、色々な会社で働き方や労働環境が見直されている中、まだまだサービス残業が蔓延していたり、残業代などでなくて当たり前といったような風潮の会社があります。

残業代が出ないような会社にいると「一般的にどこもサービス残業なんてやってるものでしょ」「世間も同じような状態」と思ってしまいがち。
ただ、はっきり言ってしまうと残業代が出ないような労働環境は当たり前ではないですし、時代遅れです。

もしこれを読んでいるあなたが残業代が出ない会社に勤めているのであれば将来のことも含め、その環境に身をおくべきかどうか考え直した方が良いでしょう。

 

残業代が出ないのは違法か?

まずはじめに残業代が出ないことが違法なのかどうかについて。

原則として残業代はきちんと支払われなくてはいけない旨が労働基準法に掲載されています。
抜粋してみましょう。

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第三十七条  使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

記載されているように残業をした場合、会社は所定の賃金の25%〜50%増しで残業代を支払わなくてはなりません。

法律でこのように定められているので、残業代が支払われない、あるいは割増されないというのは違法になります。

ちなみに最近よく見られる契約形態のみなし残業を含めた「基本給に◯時間の残業代を含む」と基本給に設定しているような場合、その「◯時間」分の残業代は支払われなくても問題ありません。
ただし、この「◯時間」を超えて残業をしたような場合には会社側には残業代を支払う義務があります。この時間を超えた分を支払われなかったり、申請しても通してもらえなかったような場合には違法となります。

自分自身の会社の環境を振り返ってみて怪しかったり、不明確な部分がある場合には上司や人事に聞いてみたり、社内で聞きにくいといったような場合には地域の労基に相談に行ってみてください。

残業代請求も可能だが難易度は高め

実際には難しい残業代請求。そんな会社は早めに見切りをつけよう」で別途まとめていますが、仮に会社が違法な対処をしていた場合、残業代は請求することが可能です。
代表的な方法は次のとおりです。

  1. 上司や人事部に相談をする
  2. 労働局に相談する
  3. 弁護士に相談する

1の「上司や人事部に相談をする」で全てが解決すれば一番楽です。
ただ、ここで解決するような場合にはうっかりミスや手違いなどで支払われていなかったというようなケースがほとんどで、そもそもそこまでブラック企業ではないことが多いです。

多くのケースでは企業体質として「残業代を支払わない」という状態になっているので「労働局に相談する」「弁護士に相談する」というのが現実的な対処方法になるのですが、実際にやろうとすると腰が重くなってしまいがちです。

 

残業代が支払われる会社は世の中にたくさんある

「確かに残業代が支払われないのは腹が立つけど労働局や弁護士に相談するまででもない」と考えてそのままその環境に居続ける人が多いのですが、私はこれを機に転職を検討することをおすすめします。

私自身、飲食業で膨大なサービス残業を強いられながら「まあでも世の中的にはこういうものなんだろうな」と思っていたのですが、実際に転職活動すると世の中には残業代がきちんと支払われる会社や残業がほとんどない会社があることがわかりました。

残業代が出ない、サービス残業が蔓延している会社からそうではない会社に行くと「本当に当時無駄な時間を過ごしていたのだな」というのが心の底から理解できるようになります。

残業の扱いがしっかりしている環境の探し方

実際に転職したとして、また同じようなサービス残業が常態化している会社に行ってしまってはあまり意味がありません。
そこで転職活動を始める前からキャリコネのような会社評判サイトで情報を集めておくことをおすすめします。

例えばキャリコネで言うと残業代や休日出勤の状況など、現役社員や以前勤めてた社員の口コミが集まっています。
転職サイトなどの求人情報で「残業はほとんどなし」と書いていても、それらの評判を確認してみると「残業だらけ」などの書き込みがあったりすることもあります。
※私が使ったことのあるサイトとしてキャリコネを代表例として挙げていますが、他にも評判サイトはありますので必要に応じて自分自身と相性のいいものを探してみてください。

また転職エージェントを使う際にもきちんと自分が「残業代が出る会社」あるいは「残業がない・少ない会社」を求めていることを伝えます。

こうすることで残業に関しての問題の少ない会社に当たることが可能です。

残業についての立ち位置を理解する

サービス残業が当たり前の会社に所属していると「サービス残業が出ることが素晴らしい!」と錯覚してしまいがちです。
もちろん「サービス残業が出る」というのはサービス残業よりは断然素晴らしいのですが、理想は次のようなものです。

残業なし(仮に残業をした場合には残業代が出る) > 残業代が出る > 残業代が出ない

残業代が出る会社に行ったとしても「残業代が出る会社に行ったけど地獄のような残業数がある」という可能性もゼロではありません。
転職を検討する際には様々な可能性も含めて職場を探しましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶リクルートエージェント(転職エージェント)
リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができているので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。