会社の方針に納得できない場合は従うか、黙って去るかの2択しかない

サラリーマンが会社に対して不信感を覚えたり、嫌だなと思うことの一つに「会社の方針」があります。
今働いている人の中にも「会社の方針に納得できない」とか「方針そのものにもやもやしてしまう」という人も多いのではないでしょうか。

ただ私はこの会社の方針に対しての解決策は意外とシンプルだと考えていて、ズバリ「従うか」「辞めるか」の二択です。

今回、その点について詳しくまとめてみたいと思います。

 

会社の方針は従うのが当たり前

よく勘違いされがちですが「会社の方針」というのは「気に入らない」「納得行かないので従いたくない」といった類の問題ではありません。
「会社の方針は従わなくてはいけない」ものです。

会社が自分達の目標を遂行するために従業員が雇われているので、会社の考え方が気に食わないからと言って従わないと会社としては従業員を雇っている意味がありません。
雇われている以上、最初に「会社の方針には従わなくてはいけない」ということを覚えておきましょう。

会社の方針そのものに不平不満があるとこのへんの話は納得しづらいかもしれません。
しかし「従わなくてはいけない」という前提を知ると、選択肢が会社の方針に迎合するか、自分が納得できるところに転職するか、の2択のみになり、考え方が非常にシンプルになります。

 

「我慢」という考え方は捨てた方がいい

中には「気に入らないけど我慢して従う」という人もいます。
私はそれは辞めたほうがいいのかなと思います。理由としては以下の通り。

  • 精神的に不健康
  • 自分が「我慢してやっている」という目線になりがちで横柄になりやすい
  • 不満を意識するせずにかかわらず表に出してしまう人が多い
  • 周囲の気持よく仕事をしている人に失礼(迷惑)

いくつかピックアップしましたが、総合的には「精神的に不健康」というのが一番大きい問題と考えています。
「我慢」という意識があるとどうしても心の中の不快感を抱えてしまって仕事をしていても気持ち悪くないでしょうか? 少なくとも私は無理です。

 

辞める時は黙って去る

自分は従うのか、それとも他のところを探すのかという選択に立って「辞める」という意思を固めた時、去り際は美しいほうが好ましいです。
不平不満を持って辞めた人の中には去り際にめちゃくちゃな罵詈雑言を吐いて辞めていく人もいます。そこで気持ちいいのは本人だけで周りは見ていて全く気持ちよくありません。(実際には言った後に本人ももやもやを抱えてしまうなんてこともあります)
気持ちがくすぶっているのはわかりますが、みっともないのでやめましょう。もし言うのであれば言いたい人に対してだけ直接、かつ冷静に言いましょう。

※最後にこのサイトでは何度も書いている通り転職活動は必ず在職中にしてください。辞めてからはリスクがありすぎるので。
参照:転職が決まる前に辞めることにはこんなリスクが…。辞める前に知っておきたいこと。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。