【2016年】シルバーウィークが「仕事で休めない・休みなし」の場合、自分の本音を振り返ってみよう

毎年恒例のシルバーウィークがやってきますが、中には「仕事で休めない」「全く休みなし」という人も。
私も飲食店店長時代はこんな連休があっても全然休めなかった上に、完全に「働くってこういうことだ」と思考停止していたので、連休の良さについて全然想像することもありませんでした。

転職して数年経て言えるのは「連休はいいものです」ということ。

煽るわけではなく、こういう時にこそ「休めない仕事ってどうなの」と自分の思っていることを振り返ってみましょう。
「連休なんてなくて当たり前だし、そういうもんだから仕方ない」と思考停止の状態に陥ってしまうとこれから先、ずーっとそのままの生活になってしまいますよ。

 

「働けるだけ幸せ」という考え方ができる人は問題なし

「シルバーウィークが仕事」という人の話を聞いていると「働けるだけ幸せだし、どうせどこに行っても混んでいるので仕事している方がマシ」「働くのが楽しいので連休中も仕事していたい」という人がいます。
こういう考え方が出来る人は、仕事の才能があるのでのまま仕事をし続けるといいのかなと思います。

私はこの考え方が出来ませんでした(笑)
とにかくできるだけ仕事はしないで過ごしたいし、休める日には休みたい。もっと言うと残業もしたくない。

飲食時代は前述の通り思考停止してしまっていて「仕事ってそういうもんなんだ」と思っていたんですが、一回転職して休みを獲得できるようになるともうそんな考え方にはならないです。

 

自分が好きにしていい時間が手に入る素晴らしさ

もちろんシルバーウィークにしても、ゴールデンウィークにしても日本中が休みになる時期なので「仕事している方がマシ」派の人の言う通り、どこに行っても混んでいるのは事実です。
国内旅行に行っても、海外旅行に行っても何でこんなに高いのというくらい高いですし…。

ただ、連休の役割って別に遠出をすることだけじゃないと思うんですよね。

  • 普段仕事が忙しくて全然出来なかったゲームを一日中やる
  • 一日中寝て過ごす
  • 家族や恋人と近場のちょっといいところに食事に行く

旅行のような立派なものではなくてもいい。こんな身近な、小さなことも出来る時間なんです。
仕事が楽しいのであればそれはそれで問題ないです。でも、もし「本当は連休がほしいし、家でゆっくりしたい」と思っているのであればそれを実現するために行動に移すしかないと思うんです。

 

何度でも言うけど「連休」のある仕事は存在する

連休に仕事することが当たり前になってしまうと現実から目を背けがちなのですが、これは何度でも書きます。

ちゃんと休める時に休める仕事は存在します。

シルバーウィークをきっかけに…と想像しないかもしれませんが、何かをきっかけに一歩踏み出さないと一生変わらないその環境。
奇しくも9〜10月は新規求人が増えるとも言われている時期ですし、これを機に転職の市場を覗いてみるのもありだと思いますよ。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。