ここ最近台風や大雪、地震などの自然災害が多いように感じます。

そしてその中でよく話題に上がるのが「帰宅命令が出るか出ないか」「帰宅命令が出ないのはブラック企業なのでは?」という話。

実際、帰宅命令が出ないのはブラック企業なのでしょうか。

「帰宅命令が出ない=ブラック」ではない

結論から言うと帰宅命令が出ないからといってブラックというわけではありません。(※個人の見解です)

その時の状況や地理状況、会社の状況によって判断も異なってくるので難しいところではありますが…

帰宅命令が出なくてもブラックではないケース

台風が来た時を例にとって考えてみましょう。

例えば、台風が来ていて、現在はお昼過ぎ。
SNSなどを覗くとよその会社では帰宅命令が出ているなどという話もちらほら。でも自分の会社は帰宅命令が出る気配もない。

このような場合、帰宅命令が出ない会社がブラックなのかというと必ずしもそういうわけではありません。

理由としては、中途半端な時間に帰宅命令を出してしまうと外が暴風で大荒れ、電車などの交通機関も止まっている、帰宅ラッシュに巻き込まれるなど、より大変なことになる可能性もあるからです。

テレビなどで都心部の駅が帰宅命令のラッシュでごった煮になっているようなケースですね。

私自身、帰宅命令が出たものの定時まで残り、一緒に会社に残っていた人と会社の近くに飲みに行って、帰る頃には電車がガラガラでゆったり帰れた、というようなケースもあります。(その時夕方頃は駅の混雑がとんでもないことになっていたようでした)

会社自身が仮にこうした従業員の帰宅命令ラッシュや帰宅難民などを見越している場合、必ずしもブラック企業とは断定できません。

「泊まって仕事しろ」というのはブラック

一方で、災害があることなどつゆ知らず、従業員に何の配慮もせず、災害時でも絶対に定時で来ることを強要、従業員のことを何も考えていないのはブラックと断定しても問題ないでしょう。

(ネタだと思うものの)SNSなどでたまに出回っている、会社にダンボールの布団が用意されていたりして「次の日、遅刻しないために泊まっていくように」というのは問題です。
※これが「外に出ると危ないから会社にも泊まれるように配慮しますよ」というような良心的なものであればまだいいのですが…^^;

このあたりは普段の従業員に対する会社側の配慮を見ていれば理解できそうなものなので、ダメな会社と思うのであれば見切りをつけるいいタイミングなのかなと思います。

「帰宅命令が出なくても帰るべき」という正論

帰宅命令時のSNSまとめを見ていた時にこんな一文がありました。

「帰宅命令がないから帰れない」ってのが悪い意味で日本的
『帰宅指示を出さない企業は…』災害の捉え方まとめ

一理ありますね。

こういう時に自分で判断できるのが重要というのはわかります。

一方で、「そうは言っても独断で帰るってできないよね」というのも本音でしょう。私も正直できないです(笑)

できる人はそもそもここを見ていないですよね、と思ったりもします。

帰宅命令時の給与計算方法

帰宅命令時の給与について。

労働基準法では会社の都合で休業する場合、休業手当として平均賃金の6割以上を支払うことを義務として定めています。
台風や大雪による「帰宅命令・帰宅指示」と休業手当の関係を解説

「働きたいけど会社の都合で働く機会が減った」と捉えられるわけですね。

また、休業手当の支払は以下パターンに分類されるようです。

  • 天変地変によって実際に被害を受けたため休業→休業手当の支払い義務なし
  • 天変地変が予想されるので会社命令で帰宅を指示→休業手当の支払い義務あり
  • 天変地変が予想されるので労働者の判断に帰宅を委ねる→休業手当の支払い義務なし

台風や大雪による「帰宅命令・帰宅指示」と休業手当の関係を解説

災害時に帰宅命令が出た際に覚えておくと役に立つでしょう。

(これを読むと「労働者の判断に委ねる」というのは、会社としてうまいやり方なんだなと穿った見方もしてしまいます)

個人的にはもっと事前に会社が臨時で休みにしてもいいと思う

最近は出社が厳しくなる場合に事前に休業したり、自宅待機にしている企業も増えているようです。

直近の例だと2018年9月の台風で関西の百貨店などが事前に休業を宣言している例があります。

JR西日本の運休情報の発表に伴って、いち早く「大丸松坂屋百貨店」の神戸店、須磨店、芦屋店が昼頃に、それに続いて梅田店、心斎橋店、京都店が臨時休業を発表。夕方に梅田の「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」、系列の10店舗が同じく臨時休業することを公式サイトに掲示した。
関西の百貨店、台風で続々と休業発表 | ニュース | Lmaga.jp

私個人としては、こうした「出社が困難になるような天災の場合に休む」といった企業がもっともっと増えてもいいと思うんですよね。

会社によって事情も違うと思いますが「晴れた日は畑を耕し、雨の日は家で読書」といったような晴耕雨読生活が広まってもいいのではないかと感じます。

会社を一日閉めたくらいでは大きな影響はないはずなので…