飲食業で土日休みのところに転職することって可能?

このサイトでは何回か書いていますが、私はとりあえず「きちんと休みたい!」という思いから飲食業から転職をしました。
ただ、やはり私と同じような人だけではなく「飲食業は好きだけどきちんと休みたい」「飲食・接客の仕事はやめたくないけども土日を休みたい」という人もいるかと思います。

今回はそんな人向けに実際のところ土日休める飲食業ってあるのかどうかの質問にお応えします。

 

土日休みの飲食業はある

飲食業で働いたことがある人は「土日休みの飲食業なんかあるわけないでしょ…」と思いがちですが、探してみると実は土日休みの会社もあったりします。
主にオフィス街など、土日に閑散としてしまい全く売上が立たなくなる、というところに多いです。

また土日ではないものの「日曜日だけは休み」というところもあります。
飲食一般の傾向として金曜日から土曜日にかけて売上が上がり、日曜日の夜から売上が下がっていく傾向にあります。
ですので日曜日にお休みにするところもあるわけですね。

ただし全体の母数としては数は少なめ。
探すのであれば執念深く自分で探すか、転職のエージェントに依頼してそういう案件を探してもらうしかないです。

 

「土日休み」と「週2日休み」の違い

転職サイトなどで「土日休み」とか「休める」とか検索をすると「週2日休める!」といったようなニュアンスの求人票が出てくることがあります。

「土日休み」については読んで字のごとく土曜・日曜日が休み。これは運営している店舗が土日に店を閉めていることが多いです。
一方「週2日休み」というのはシフトに応じて週2日休めますよ、ということ。

これだけ見ると「土日休み」と「週2休み」は単純に曜日だけの違いに見えますがそういうわけでもありません。
「週2日休み」というのはシフトに応じているので、会社によってはシフトの本数が足らなくなった場合には出勤させられるなんてこともあります
本来求人票に「週2日休み」と書いているのであればそこは絶対に順守されるべき事項なのですが、誰かの休みのために店を閉めるわけにはいかないのでこういうことが起こりえます。

 

休みがほしい人は店の運用形態を見るべし

「休みがほしい、でも、飲食業も続けたい」という人は店舗の運営形態を見るのが一番早いです。
その店舗の定休日はあるのかどうか、その一点を確認しましょう。
例えば火曜日と水曜日が店舗のお休みの日であればその日は確実に休むことができます。

「店舗の定休日はないけども週2で休みは取れますよ」というのは幻想のようなものなのであまり過信しないようにしましょう。
 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。