8月からの転職。転職活動をするなら今すぐ。

8月に入り、会社が夏休みモードになりのんびりしてきたところで

「そろそろ転職を検討しようかな」

と考えている人も多いかもしれません。

もし仮に8月から転職しようかなと思っているのであれば、「今すぐ」諸々の準備をしておいた方が好ましいです。

 

8月の求人状況は少なめだが…

「8月に今すぐ準備をした方がいい」と冒頭に書きましたが、8月に求人がたくさん出回って転職者にとってチャンスなのかというと実はそういうわけではありません。
春採用の2〜3月に転職のピークを迎え、それ以降は求人の募集も緩やかに落ち着いていきます。8月も求人数は目立って多くはありません。

それではなぜ「今すぐ転職活動の準備をすべき」なのかというと、9〜10月に秋採用のピーク(求人が大幅に増加)が来るためです。

もしかすると「9月からピークが始まるのであれば9月から転職活動を始めれば良いのでは?」と思う方がいるかもしれません。

ただ、転職活動は会社調査・履歴書準備・面接準備・面接・給与交渉などさまざまな段取りがありおおむね3ヶ月を目処に見るのが良いとされているため、9月から始めたのでは遅いというのは分かりやすいでしょう。

 

実際に「今すぐ」やらなくてはいけないこと

「今すぐ転職活動をしましょう」と言われても何をしたらいいのかがわからない人も多いかと思います。
私が転職活動のセオリーとして推しているのは次のようなフローです。

  1. 企業の口コミサイトに登録
  2. 転職サイト・転職エージェントに登録

順を追って解説します。

1.企業の口コミサイトに登録

転職市場のピークが目前に迫っていて、焦りだすと目先の企業研究などがおろそかになりがちです。
そして焦ってよく調べないまま入社したところ「自分に全く合っていない社風だった」「ブラック企業だった」なんてこともあります。

そうしたことを防ぐために企業の口コミサイトに登録して情報を収集します。

私が利用したのはキャリコネです。
(他にも企業の口コミサイトで言うと転職会議やVorkersなど様々なサイトがあります)

私が使ったことがあるのがキャリコネだけなのでキャリコネについて解説すると、現役の社員や元社員による口コミが書き込まれているサイトです。
例えば残業状況だったり、給与状況、福利厚生など、面接では聞きづらいことが生々しく書かれています。

ちなみに私は登録後に前職の口コミを見てみたのですが「残業がなくならない」などリアルな書き込みが多かったです(笑)
信ぴょう性を知りたい場合には自分の現在の会社や前職の口コミなどを確認してみるといいかもしれませんね。

話が少しそれてしまいましたが、実際に働いている人の生の声を見てみることで自分と合いそうか、そうではないかが事前につかめてくると思います。少しでも転職後のミスマッチを防ぐためにも私は口コミサイトでの調査をおすすめします。

 

転職サイト・転職エージェントに登録

「どちらかだけ登録しておけばいい」という考え方もありますが、私個人としては両方登録しておいたほうが便利だと思います。

転職サイトと転職エージェントの違いは次のようなものです。

  • 転職サイト:サイトに登録して掲載されている求人情報の中から自分で応募する。全て自分で完結するが、自分のペースで活動可能。
  • 転職エージェント:サイトに登録して担当コンサルタントと会い、求人の紹介をしてもらう。面接時間の調整や、伝えづらい希望年収の調整をコンサルタントが交渉してくれる。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

二つ登録しておくことによってどちらのメリットも享受できる、いわゆる「おいしいとこ取り」の作戦です。

「二つも登録するのが面倒」という場合には取扱求人の多いリクルートエージェントのような大手転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

エージェントに登録しておくことで模擬面接や履歴書の添削、内定後の給与交渉なども行ってくれるので転職活動がスムーズに進みます。

 

転職先は妥協しない

最後に重要なことを書きます。

転職先だけは絶対に妥協しないようにしましょう。

「9〜10月が秋採用のピーク」ということを知ってしまうと「9〜10月にピークが来て、11月以降は閑散期になって求人がなくなってしまう」と錯覚しがちです。
もちろん11月以降に求人がなくなるというようなことはなく、相対的に9〜10月と比較すると少なくなってしまうだけで、転職のチャンスは11月以降もあります。

そしてこれは繰り返しお伝えしている部分なのですが「求人数が少なくてもそこに自分が入りたい会社があるかどうかが重要」ということです。

極端な話で言うと9〜10月に10,000件の求人があっても自分の行きたくない会社がほとんどであれば意味がありませんよね。
その反面、11月に求人が5,000件になったとしても(※)その中の100件の求人が自分の行きたい会社だった、というような場合、11月の求人の方が意味があると言えます。
※求人数はあくまで例えなので同じ比率で求人が減少するわけではありません。

求人の総数が増えれば増えるだけ自分が行ってみたい会社の求人が増えることに間違いはないのですが、焦って妥協はしないようにだけ注意しておきましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

▶リクルートエージェント(転職エージェント)
リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができているので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。