転職を躊躇する人の中には「転職したいけどスキルがない」という悩みを持ってなかなか行動できない人がいます。

私からすると、スキルがないと思いこんで転職しないのは非常にもったいない。

転職に成功している人は誰が見ても立派なスキルを持っているような人だけではありません。
もちろん「すごい人」もいるにはいますが、転職をするほとんどの人がいわゆる目立ったスキルもないような人物です。

こうして喋っている私も「目立ったスキルもない」人の一人でした。

「スキルがない」と悩んで、転職を踏みとどまっている人のために、自分のスキルの探し方を教えます。

「スキル」を見つけるために自分の仕事の棚卸しを徹底的に行う

自分がスキルだと思っていないものでも他の人(会社)から見たらかなりの強みであることがあります。

つまり「強みがない」のではなく、「自分の強みに気付けていない」ということがほとんどなのです。

自分の強み(スキル)を知るためのポイントはたったの2つ。

  1. 自分の仕事の棚卸しをする
  2. 第三者視点を取り入れる

順番に説明しますね。

1.自分の仕事の棚卸しをする

まず「自分の仕事の棚卸し」について。
転職をする際には現職(前職)で何をしていたのかをアピールしていく必要があります。

そこで今の(前職の)仕事で「どんなことをやっていたのか」「どんな工夫をしていたのか」「自分が楽しかったのは何か」「やりがいを感じていたことは何か」などを振り返ります。
その中で「どんな工夫をしていたのか」「自分が楽しかったのは何か」といった項目は自分のスキルと結びつくことが多いです。

例えばエクセル(表計算ソフト)の入力作業をやっている中で、計算式を極力使って無駄な作業を減らしたといったような細かいこともスキルの一つと言ってもいいでしょう。

このような細かい部分をどんどんピックアップしていくと、必要としている会社は案外増えていくものです。
(具体例については後述します)

2.第三者視点を取り入れる

次に「第三者の視点(他の人からの視点)を取り入れる」ことも重要です。

なぜ第三者視点を取り入れることが重要なのかと言うと、自分視点で自分の持っているスキルについて考えても他の会社にとって魅力的なものかどうかがわからないためです。

まずは自分自身で一度スキルについて棚卸しをしてみた上で、転職エージェントに相談をしてみることをおすすめします。
スキルの棚卸しの仕方そのものが分からない場合はエージェントに登録して、相談から入っていくのも有りです。

「いきなり転職エージェントにいくのはちょっと…」という場合には友人や家族に自分の長所を聞いてみるのも良いでしょう。

事例:私が異業種転職をした際の「スキル」

ここまでちょっと抽象的な話になってしまったので具体的な事例を。

私が飲食業からIT業界に転職した時の話です。

普通に考えると飲食業の仕事内容でIT業界に転職するのに役に立つスキルがあるとは思えませんよね。
それをどうやって「スキル」として視覚化したのか。いくつかピックアップしてみます。

  • アルバイト管理→マネジメント経験がある
  • 店舗運営管理→数値管理の経験がある
  • Excelを使った管理→業務の効率化の経験がある

このような感じで言い方を変えると全く違う業種でも活かせるスキルになることがあります。

「Excelを使える」というのはIT業界では重宝されなそうですが、「ただ使える」だけではなく「使えることで創意工夫ができる」と強力なスキルに変化することもあります。

「できること」をピックアップして「その能力で何をやったのか?」が重要ということですね。

またよく言われることですが長所と短所は表裏一体です。

私の飲食時代に同じ店長でも人と接するのが得意な人と苦手な人がいましたが、そうした両極端タイプの人が仮に転職するとしたら次のように言えます。

  • 人と接するのが得意→アルバイトと打ち解け誰とでも喋れた経験がある(逆に言うと余計なことを喋ったり自分本意な可能性もある)
  • 人と接するのが苦手→よく人の話を聞く側に回った経験がある(逆に言うと言葉不足で相手に伝わりにくかった可能性もある)

まずは良し悪しの判断は関係なく、自分のことをなんでも書き出してみることです。

書き出した上で自分自身の仕事を振り返ってみてスキルを作り出していってみましょう。

「スキルがない」という人は転職サイトより転職エージェントの方がいい

「スキルがない」と感じている人が転職をする際にオススメなのが転職エージェントです。(※)
有名どころで言うとリクルートエージェントですね。

※転職サイトと転職エージェントの違いについて
転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトを使って転職する場合、自分自身で履歴書を書いたりするため自分に自信がある人でないと面接や履歴書などでのアピールが不十分になってしまう可能性があります。

転職エージェントを利用することで専門のコンサルタントに相談でき、自分の強みはなんなのか、どこを押し出していけばアピールが強くなるのかが具体的になり、内定の確率がグッと高まります。

他の人に相談することで自分自身が気付きもしなかったスキルがあったというのは日常茶飯事なので、転職したいけどスキルがないと感じている人は転職エージェントを利用してみてください。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ