お盆の時期になってくると通勤時間の電車がちょっと空いてきたり、家族連れのいかにも「夏休み」という人が増えてきますよね。

そんな時に出勤していると「なぜ自分の会社は休みじゃないんだ…」と考えて暗い気持ちになってしまったり、実際に家族や子供がいる場合には帰省できない、一緒の時間を過ごせないなどの家庭内トラブルにも発展しがちです。

「お盆休みがない仕事ってどうなの?」と不満を持っている人はこの機会に環境を変えるのも一つの手段なのかなと思います。

労働基準法的に「お盆休みがない」というのは問題ない

はじめに、お盆休みがないことについて「労働基準法に反しているのでは?」と考える人もいるかと思います。

実際に労働基準法の文言を抜粋してみましょう。

(休日)
第三十五条  使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
○2  前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

(年次有給休暇)
第三十九条  使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。
労働基準法

一般的な休暇や有給休暇については記載されていますが、お盆などのお休みについては法で定められたものではなく就業規則で決められるものなので労働基準法で見るとお盆休みがなくとも問題はありません。

お盆休みがない企業というのはどのくらいの割合で存在するのか?

気になるのは「実際にお盆休みがない企業はどれくらいの割合で存在するのか」という点。

旅行サービス「エアトリ」が2018年に取ったアンケートでは以下のような結果になっています。

4人に1人はお盆期間も連休ではない──オンライン総合旅行サービス「エアトリ」がお盆休みの過ごし方についてアンケート調査したところ、こんな結果になった。

お盆休み期間に会社が休みになると答えた人は56%と過半数。お盆期間に休みにならない人でも、半数近くが「別の期間に休みを取得できる」という回答だった。

その一方で、「お盆もそれ以外も休みではない」という人が21%と、ほぼ5人に1人いた。
お盆休み「連休なし」が26%、「8連休以上」が22%という“格差”?

全体から見ると全く休暇が取れないという人が5人に1人とされています。

お盆休みはないけどまとまった休みは取れるケースの会社も増えてきた

私の前職の飲食業ではお盆休みはなく、「夏季休暇」という形でどこかでまとめて何連休かをもらえるような形でした。

IT業に転職してからもお盆休みという特定の日程の休みがあるわけではなく、自分の好きな期間に有給として何日か休みをとっていいという形式です。

飲食の時は地域の店長間で協力して休みを取るため時期が指定できませんでしたが、IT業に転職してからは時期を指定して、好きな時に休めるようになりました。

このように「お盆休み」という形がなくても別の時期にまとまった休みが取れるという会社も最近は増えてきています。
代替の休日が取れる場合であれば不満は少ないという人も多いです。

実際にこのタイプの休みだと混んでない時期に旅行に行けるのでメリットもあるんですよね。

お盆休みもまとまった休みもなく不満という場合には解消すべき

お盆休みがなくてもまとまった休みが取れればいいのですが、問題はまとまった休みも取れないようなケース。

もちろん前述した労働基準法に違反していなければお盆休みや夏季休暇がなくとも、法的には問題ありません。

法的に問題がないものの、重要なのは、あなた自身が「休みが欲しいか欲しくないか」ということ。

「忙しいから休みがなくても仕方ない」「会社の人も頑張っているし休みがないのはやむを得ない」と思考停止してしまっていないでしょうか。

世の中にはきちんと休める会社は存在する、という現実に目を向けてみてください。

私は飲食業時代に(夏休みはあったものの)普通の休みがほとんどなかったために、ストレスと不満が増えていき、休める仕事を探して転職しました。
そして今では満足できる生活を送っています。

「休みが取れない会社はダメ」と言うつもりはないですが、きちんと休めることで心身的にリフレッシュできるので、休みは本当に重要だと実感しています。

休みを取れる会社を見つけるには?

今の会社にいる限り休めないということであれば、転職を検討し、他の会社を探すべきタイミングです。

今すぐ転職したい!という場合

お盆休み以外にも不満を募らせていて、機会さえあれば今すぐ転職したいという場合には転職エージェントに登録してしまいましょう。

忙しいあなたの代わりにエージェントが自分の希望する労働環境や給与などにマッチした企業を探してくれます。

エージェントに登録することでトントン拍子で話が進んでいき、休暇もきちんと取れる会社が見つかるでしょう。

今すぐ転職したいわけではない場合

休みを取れないことに不満を感じているものの、今すぐ転職したいと言うほどでもないという場合には転職サイトに登録すると良いでしょう。

転職サイトは自分からエントリーをしないと転職活動が進まないため、カタログをみるような感じで「こんな会社もあるのだな」「こういう仕事だと休めるのだな」とライトに転職活動ができます。
※この際に会社の評判を集めているキャリコネ にも登録しておくとその会社の内情なども見えるようになり、いざ転職を本格的にやろうとした際にきちんとした企業とそうではない企業の目利きができるようになります。

私は飲食からIT業に転職して休みの素晴らしさを実感しているので、今不満を持っている人には少しでも「きちんと休める会社がある」ということを知っておいてもらえるといいのかなと思っています。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ