転職面接の志望動機はどのように答えるのがいいか

転職の際の面接でよく聞かれる「志望動機」。あなたはどういうふうに答えていますか?

会社のホームページには割と無難なことしか書かれていないですし、同じような業界で他の会社も受けるので動機も代わり映えしないでしょうし、「その会社」に向けての志望動機ってなかなか書きづらいものですよね。

私は面接官をやっている立場でもあるので、求職者の方が志望動機でどんなことを言うと、採用担当者はどのように感じるのかが分かります。
採用担当者と求職者の間でギャップもあると思うので、そちらも考慮しながらまとめたいと思います。

 

よく言われるNG事例集

一般的にNGとされる志望動機をピックアップしてみましょう。

  • 福利厚生がいい
  • ワークライフバランスが考慮されている
  • 給与が高い
  • 上場している
  • 御社なら勉強できると思った

実際の現場でこういった正直な意見を志望動機とするのはどうなのでしょうか?
結論としてはもちろんNG。

最初の4つについては「じゃあもっと良い条件の所があれば行ってしまうのかな」「別にうちの会社じゃなくてもいいのでは?」と思ってしまいます。
恋愛で例えると「性格とかはどうでもいいけど、かわいいから、イケメンだから、お金を持っているから付き合いたい」と言われているようなもの。そんなことを言われても付き合いたくはなりませんよね。

最後の「勉強できる」については「中途採用で即戦力を募集しているんだから勉強したい人を入れたいわけじゃない」というのが正直な気持ちです。そしてそういう人に限って面接を受けるまで勉強もしていなかったりするので「待ちの姿勢の人なのかな」と感じます。

 
では次のようなものはどうでしょうか。

  • 経営理念に共感した
  • 業界に将来性を感じた

先ほどよりはすごくまともに聞こえますが私はこれもNGかと思っています。
このような志望動機を聞かされるとちょっと言葉が綺麗すぎて「本当にそう思ってるのかな?」と感じてしまいますし、実際に深掘りして「どんなところに共感したんですか?」や「どういったところに将来性を感じますか?」と聞くとしどろもどろになってしまう方も多め。この程度であれば言わない方がいいです。

 

自分がやってきたことと会社に入ってからのことを組み合わせて志望動機にする

NG事例を散々書いたので「じゃあどうすればいいの?」と思う人も多いでしょう。

率直に言うと「志望動機をどう答えるのがベストか」を答えることはできません。

と言うのも、その人が前職でやってきたことやこれからどんな職種、どんな体質の会社を受けるのかによってかなり細分化されていくためです。
それをインターネットに出回っているような何パターンかの「IT業界ならこの志望動機」といったような分類の仕方はあまりにも雑すぎます。

そしてネットに出回っているサンプルをなぞったような回答をする人も多いので面接官からするとまったく響かないのです。
(実際に面接官をやってみると分かりますが本当に同じようなことを言っている人が多いです)

基本の公式としては「自分が今までやってきたこと」と「この会社に入社できたらやりたいこと・貢献できること」を組み合わせていくのがベストです。
例えば飲食店で働いていた人が人事の仕事に異業種転職したいという場合には次のようなイメージになります。

「前職で飲食店店長をやっていてアルバイトの管理を中心に店を運営していた」(前職の経験)
「粘り強く話を聞くことには自信があるのでそういった能力は活かせる」(前職の経験からの強み)
「人材を育てる・発掘するということに人材に特化して仕事をしたい」(これからやりたいこと)
「特に御社は若手を積極的に採用する計画と伺っている」(会社の強み)

このように部分部分を組み合わせていくと流れとしては綺麗でしょう。

でも冒頭に書いた通り「会社の強み」について会社のホームページで調べようとすると比較的上っ面のことしか書いていなかったりするので、転職エージェントなどを使ってその会社の強みや力を入れていることなどについて聞いてみるといいでしょう。その上で、自分の強みと合わせて志望動機を作成し、エージェントに添削してもらうと重みのある志望動機になってきます。

実際にはここまでやっている人は私の体感値で求職者の1/10程度しかいないので、やるだけで一気に1/10くらいの位置にたどり着くこともできますよ。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。